FC2ブログ

Latest Entries

旧美濃町産業会館(岐阜県美濃市)

          美濃市


          美濃市

うだつの上がる和風建築が大半の美濃町地区で異端と言える洋風の建物が現在は美濃和紙あかりアート館として活用されている旧美濃町産業会館の建物です。建物は昭和16年に美濃町信用購買販売利用組合によって建てられたもので戦後の昭和23年から昭和48年までは美濃町農業共同組合として、昭和48年から昭和50年までは美濃市農業共同組合本店として使用されていました。また昭和24年から昭和43年まで2階には公民館が設置されていました。

美濃町信用購買販売利用組合が建設。桁行22m梁間11m規模,切妻造の木造総2階建で,外壁は腰タイル張、上部下見板張とし,正面の軒下には瓔珞飾りを付ける。窓の楣と窓台を繋げてほぼ全周に廻し,水平線を強調した外観意匠に特徴がある(文化庁文化遺産オンラインより)



             

★当ブログのまとめサイトなどへの無断転載・使用は一切固く禁止しております。
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村    

当ブログを補完するFacebookページを始めました。よろしければご覧ください!
ぶらり歴史旅一期一会(fb版) 

旧今井家住宅(岐阜県美濃市)

          美濃市

今井家は美濃紙の問屋を営んでいた家で建物は江戸時代中期に建てられた美濃市内最大規模の商家で、間口12間(約22メートル)・奥行8間(約14.5メートル)・建坪96坪(316.8平方メートル)で中2階の構えとなっています。鬼瓦が小さく破風瓦の下の懸魚もない簡素な造りは最も古いうだつ軒飾りの形式で、破風瓦が他家では左右1枚ずつになのに対して今井家のものは左右に2枚で構成されている点が大きな特徴となっています。

続きを読む

小坂家住宅(岐阜県美濃市)

美濃市

現在も小坂醸造場を営む小坂家は江戸時代より酒造業を営んできた家で建物などは現在国の重要文化財に指定されています。

        美濃市


          美濃市

美濃市内には江戸時代に建てられた民家が十数軒現存している。その中で代表的なものが小坂良治家である。昭和58年に半解体修理が行なわれ、その結果主屋入口に打ちつけられた祈祷札の一番古いものが安永2(1773)年であり、主屋背後の酒倉の二階柱の安永元(1772)年の墨書、製麹室の屋根瓦の明和9年(安永元年)の箆書などにより、その頃の建築と推定された。

うだつ造りの代表的な民家で、主屋は間口六間,奥行八間半、うだつは両妻と中央(現在は表側棟際を残すだけ)の3本あり、屋根は前面に起り(むくり)をもつ美しい姿で、桟瓦葺の珍しい形式。江戸時代から続く酒屋の店構えもよく保存され、美濃地方商家の代表的遺例として、昭和54年2月、国の重要文化財に指定された。

この建物は、明治初年の小坂家再興の時に修理改造され、その時に内部が吹き抜けとなり、二階には見張り間が設けられ、さらに明治20年頃に大改造し、二階座敷等を設けてほぼ現在の姿となった。
(美濃市ホームページより)


                 


★当ブログのまとめサイトなどへの無断転載・使用は一切固く禁止しております。
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村    

当ブログを補完するFacebookページを始めました。よろしければご覧ください!
ぶらり歴史旅一期一会(fb版) 

Appendix

プロフィール

けん

Author:けん
戦国武将にまつわる史跡と味のある建築探訪をテーマに暇を見つけては各地を彷徨っている40代前半の会社員(オッサン)です。ノスタルジックなもの・ローカル色強いものを好む習性があります。 


※公序良俗に反していない限り基本リンクフリーですが、ブログ内全ての画像・記事の無断使用・転載はまとめサイト含め一切固くお断りさせていただいております。

月別アーカイブ

カテゴリ

twitter

にほんブログ村

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

にほんブログ村

タグリスト

最新記事一覧

旧美濃町産業会館(岐阜県美濃市) Dec 16, 2019
旧今井家住宅(岐阜県美濃市) Dec 15, 2019
小坂家住宅(岐阜県美濃市) Dec 12, 2019
美濃町重伝建地区(岐阜県美濃市) Dec 07, 2019
旧名鉄美濃駅(岐阜県美濃市) Dec 01, 2019

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR