FC2ブログ

Entries

宗安寺 木村長門守重成の首塚(滋賀県彦根市)

       井伊直政の正室東梅院の両親の菩提を弔うため上野国箕輪にて創建された浄土宗の寺で、関ヶ原の戦い後に井伊家彦根転封に伴い彦根に移り現在の寺名となっています。山門は石田三成の居城佐和山城の大手門と伝わるもので彦根城下の徳川家康の位牌所として、また朝鮮通信使正使などの宿館としても活用されていました。       ...

滋賀信用金庫銀座支店(滋賀県彦根市)

                      明治銀行彦根支店として大正7(1919)年に建てられ明治銀行破たん後に一時期病院として活用された時期を経て昭和33年に彦根信用金庫が購入し現在へ至ります。市街地の交差点に建ち、木造二階建、建築面積54㎡、寄棟造スレート葺である。交差点側を隅切りして腰折れ破風を載せ、左右に切妻破風を並べる。外壁は二階分の柱形と縦長窓を配するなど、瀟洒な外観で街角のアイストップと...

旧川原町郵便局(滋賀県彦根市)

                    江戸時代は表具店を営んでいた高崎家の住宅で、江戸後期に建てられた住宅部分に昭和9年に郵便局機能を加える形で洋風の意匠を取り入れるなどの改修がなされ現在へと至っています。通りに北面して建ち、桁行12m梁間7.7m、木造一部二階建、寄棟造妻入、桟瓦葺である。正面はタイル貼とし、上部をコーニス風にモルタルで仕上げ、出入口にペディメントを飾る。近世町家の正面を洋風化...

宇水理髪館(滋賀県彦根市)

                                    今回の滋賀県史跡巡り日帰り旅でどうしても訪れて撮影したかったのが国登録有形文化財に登録されている宇水理髪館の建物でした。いざ現地に行ってみるとやはりすごい、建物上部にはバリカンと櫛とだれがどう見ても理髪店とわかる洋風建築の建物です。通りに南面して建ち、桁行4.5m梁間10m、木造二階建、切妻造桟瓦葺である。...

彦根市河原町芹町重伝建地区(滋賀県彦根市)

                               彦根は江戸時代初期に形成された城下町で、保存地区は城下町の南東部に位置する町人地にあたり、江戸時代から昭和戦前期にかけて商業地として繁栄した地区で、屈曲した街路や短冊形に割られた敷地等、河川を制御して形成された城下町の地割を良く伝える。街路に沿って、特徴ある間取りをもち、軒の低いつし二階の町家が良く残る。 江戸時代に形成された地割りを良...

成宮家住宅(滋賀県彦根市)

          鳥居本宿を歩いていると登録有形文化財のプレートを掲げている虫籠窓の民家が。成宮家住宅というお宅です。中山道鳥居本宿に西面して建つ町家。木造平屋一部二階建で上部を漆喰塗込として虫籠窓を穿つ。内部は南寄りを通土間とし、床上部は手前よりイマなどを並べる。正面の出格子を駒寄せで囲い、土間入口にトバコと呼ぶ物入を設けるなど彦根の町家の特色を備える(文化庁文化遺産オンラインより)これで鳥居...

Appendix

プロフィール

けん

Author:けん
戦国武将にまつわる史跡と味のある建築探訪をテーマに暇を見つけては各地を彷徨っている40代前半の会社員(オッサン)です。ノスタルジックなもの・ローカル色強いものを好む習性があります。 


※公序良俗に反していない限り基本リンクフリーですが、ブログ内全ての画像・記事の無断使用・転載はまとめサイト含め一切固くお断りさせていただいております。

月別アーカイブ

カテゴリ

にほんブログ村

にほんブログ村

タグリスト

最新記事一覧

三日月軒駅東支店(山形県酒田市) May 06, 2021
2020年夏山形+ちょこっと秋田の旅3日目 米沢 May 02, 2021
2020年夏山形+ちょこっと秋田の旅2-3 酒田市内を巡る Apr 25, 2021
2020年夏山形+ちょこっと秋田の旅2-2 象潟を歩く後編 Apr 18, 2021
2020年山形+ちょこっと秋田の旅2-1 象潟を歩く前編 Apr 14, 2021

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR