FC2ブログ

Entries

永運院(京都市左京区)

          金戒光明寺の塔頭のひとつで天正19(1591)年に山門がある東側に創建。その後現在の山門建立により永運院と浄専院が移転し現在の寺地にあった妙蓮院を合併し、三ヶ寺の本尊である阿弥陀如来を安置し現在の永運院となります。この表門は京都府登録文化財に登録されています。           ...

西翁院(京都市左京区)

          金戒光明寺の塔頭のひとつで藤村源兵衛(千宗旦四天王のひとり藤村庸軒の祖父)が天正12(1584)年に創建しています。          こちらは非公開ですが本堂は創建当時のもの。また茶室紫雲庵(澱看席)は藤村庸軒が建てたもので国の重要文化財指定を受けています。           また茶室の露地も京都市の名勝指定を受けています。              ★当ブログのまとめサイトなど...

金戒光明寺(京都市左京区)

   黒谷の通称で知られる金戒光明寺は承安(1175)5年に比叡山を下りた浄土宗開祖法然上人が初めて草庵を結んだ浄土宗大本山で、幕末には京都守護職松平容保(会津藩主)が1千の会津藩兵を率い本陣を構えたのが広大な敷地と多くの塔頭を抱えるこのお寺でした。...

真正極楽寺 斎藤利三・海北友松の墓(京都市左京区)

          通称の真如堂の方がなじみ深い真正極楽寺は永観2(984)年に比叡山の僧侶戒算が夢のお告げにより比叡山常行堂の阿弥陀如来を神楽岡に移し創建。その後戦乱などで幾度かの移転を繰り返し、現在地へは元禄6(1693)年に再建されています。...

十一屋岡村家(京都市左京区)

         十一屋を営んでいた岡村家は寛永元(1624)年に若狭街道(鯖街道)の茶店として創業し、平成18年まで鯰料理専門店を営んでいた家。このお店の前を初めて通った時はまだ営業されており鯰料理という珍しさもあっていずれ訪れてみたいと思ったものでしたが、残念ながらその翌年に廃業されてしまい敷地はマンションになってしまったという情報に接していましたが建物の一部は今も残っているということなので訪れてき...

山ばな平八茶屋(京都市左京区)

         京都でも修学院ぐらいまで来ると観光客の姿も減り景色もまた随分と変わってきます。今年の夏訪れた際の高野川は涼しげな風景でしたが、以前訪れた冬の時期は残雪が残っていて全く同じこの場所から眺めた風景はかなり寒々しかったことを思い出しました。        ...

Appendix

プロフィール

けん

Author:けん
戦国武将にまつわる史跡と味のある建築探訪をテーマに暇を見つけては各地を彷徨っている40代前半の会社員(オッサン)です。ノスタルジックなもの・ローカル色強いものを好む習性があります。 


※公序良俗に反していない限り基本リンクフリーですが、ブログ内全ての画像・記事の無断使用・転載はまとめサイト含め一切固くお断りさせていただいております。

月別アーカイブ

カテゴリ

にほんブログ村

にほんブログ村

タグリスト

最新記事一覧

三日月軒駅東支店(山形県酒田市) May 06, 2021
2020年夏山形+ちょこっと秋田の旅3日目 米沢 May 02, 2021
2020年夏山形+ちょこっと秋田の旅2-3 酒田市内を巡る Apr 25, 2021
2020年夏山形+ちょこっと秋田の旅2-2 象潟を歩く後編 Apr 18, 2021
2020年山形+ちょこっと秋田の旅2-1 象潟を歩く前編 Apr 14, 2021

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR