FC2ブログ

Entries

下萬屋(熊本県宇城市

          酒造業を営んでいた浜村屋の建物を利用し現在は下萬屋として土日のお昼のみ営業されておられます。実はこの日本来は錦寿司さんへ行くつもりだったんですがまさかの臨時休業。郷土資料館の方から勧められたこちらに来てみました。                 提供されるのは熊本の郷土料理だご汁(セット)のみですが、そのだご汁は松合で獲れた海老を使い出汁をとったもので潮の香りがかなり強く熊本市内...

光暁寺(熊本県宇城市)

          松合にある光暁寺は浄土真宗のお寺であるということぐらいで創建年次などはネットなどでいろいろ調べてみる限り分かりませんでしたが非常に立派な山門です。                              このお寺を記事にしたのは石畳ならぬ石臼畳というべきか臼が敷き詰められているんです。お寺の情報がほぼないのでなぜ石臼が敷き詰められているのかよく分かりませんが、ネットで色々探し...

旧鈴木家住宅(熊本県宇城市)

          明治36年に松合の戸長を務めていた鈴木潤三郎氏が建てた住居で郵便局や文房具店などを経て現在は郷土資料館として松合に関する資料などでが展示されています。...

宇城市松合地区を歩く(熊本県宇城市)

    宇城市松合は宇土半島の山と海の間の狭い土地に作られた集落で山側は斜面を利用する農業・海側は漁業、その間を商家が立ち並ぶといった具合に職業によっての住み分けがはっきりとした街でした。狭い土地であるが故に度々大火に見舞われますが幕末に熊本藩が港を整備したことで一気に栄え出港1000隻、入港1100隻といわれるぐらいの繁栄を遂げ酒や味噌など醸造業も盛んになります。現在も過去度々火事に襲われたこともあって...

三角郷土菓子まくらぎ(熊本県宇城市)

         宇土半島の先端に位置する宇城市三角町にはまくらぎという黒砂糖とピーナッツを使ったこの地域にのみ伝わる珍しい豆菓子があります。三角はみかん栽培が盛んな土地柄ですが、このみかん畑を利用して黒砂糖も栽培されていました。その黒砂糖を使った豆菓子は三角町の一部地区では子供たちのおやつとしてだけでなく冠婚葬祭にも欠かさないお菓子だったそうで、かつては各家庭で作られていたそうです。お菓子の名前...

JR三角線三角駅(熊本県宇城市)

          三角線の終着駅三角駅。明治32(1899)年の開業で木造モルタル造りだそうです。かつては駅前にある三角港から島原へのフェリーが発着しており大分・別府からの急行火の山号数本が始発・終着駅だった時代もあります。...

Appendix

プロフィール

けん

Author:けん
戦国武将にまつわる史跡と味のある建築探訪をテーマに暇を見つけては各地を彷徨っている40代前半の会社員(オッサン)です。ノスタルジックなもの・ローカル色強いものを好む習性があります。 


※公序良俗に反していない限り基本リンクフリーですが、ブログ内全ての画像・記事の無断使用・転載はまとめサイト含め一切固くお断りさせていただいております。

月別アーカイブ

カテゴリ

にほんブログ村

にほんブログ村

タグリスト

最新記事一覧

三日月軒駅東支店(山形県酒田市) May 06, 2021
2020年夏山形+ちょこっと秋田の旅3日目 米沢 May 02, 2021
2020年夏山形+ちょこっと秋田の旅2-3 酒田市内を巡る Apr 25, 2021
2020年夏山形+ちょこっと秋田の旅2-2 象潟を歩く後編 Apr 18, 2021
2020年山形+ちょこっと秋田の旅2-1 象潟を歩く前編 Apr 14, 2021

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR