FC2ブログ

Entries

金龍寺 黒田二十四騎吉田長利・衣笠景延・林直利の墓(福岡市中央区)

          曹洞宗の寺院で現在の糸島市にて永正5(1508)年に創建され、その後黒田家家臣高橋伊豆守によって慶長16(1611)年福岡城下へ移され、さらに慶安2(1649)年に現在地へと移されています。複数の黒田家重臣の菩提寺で黒田二十四騎のうち吉田長利・衣笠景延・林直利3名の墓や福岡藩士でもあった貝原益軒の墓もあります。...

聖福寺(福岡市博多区)

建久6(1195)年に臨済宗開祖栄西禅師開山の国内では最初の本格的な禅寺で、現在寺域全体が国の史跡の指定を受けています。創建当時は臨済宗単独寺院でしたが栄西が建仁寺を創建して以降は建仁寺派になり、江戸時代に入ると黒田長政によって妙心寺派に改派させられています。                   総門元は小早川家の居城であった名島城のものと伝わる切妻造本瓦葺の四脚門。           山門明治44(1...

圓覚寺 毛屋主水の菩提寺(福岡市博多区)

                    大覚禅師蘭渓道隆開山・藤原道信(太宰府鎮西奉行)開基・勧進開基北条時頼という臨済宗妙心寺派のお寺で、創建当時は別の場所にありましたが喪失し、その後現在地にて寛永十三年(1636)に再興、その時に聖福寺の塔頭になったそうです。また千利休の秘伝書として福岡藩重臣立花家に伝わった南方録の写しが伝わり、大正時代より歴代住職が茶道南方流の師匠を務め茶道教室も開かれています...

妙楽寺 黒田二十四騎竹森次貞の墓(福岡市博多区)

         正和5(1316)年に大応国師南浦紹明の法弟月堂宗規和尚開山の臨済宗大徳寺派に属するお寺。創建当時は博多湾岸の沖の浜にあり遣明使の宿泊場所になるなど外交の重要拠点となっていましたが天正年間(1573~1591)の博多焼失とともに焼失。その後初代藩主黒田長政によって現在地に移され再興しています。...

順心寺 黒田二十四騎菅正利・原種良の墓(福岡市博多区)

         臨済宗建仁寺派の寺院。聖福寺の塔頭のひとつとして創建されたようですが黒田長政によって聖福寺など他の寺院が妙心寺派に転派させられた中、この寺だけは建仁寺派のまま現在へと至っているそうです。         本堂                 菅和泉守正利の墓菅六之助の名で知られる黒田二十四騎のひとりで幼少期より官兵衛の小姓として黒田家に仕え多くの合戦に参加、朝鮮出兵での虎狩りや関...

吉塚地蔵尊(福岡市博多区)

        吉塚地蔵尊は立花宗茂ら秀吉の島津征討軍と戦い討ち死にした星野吉実・吉兼兄弟を祀っており、吉塚の地名の由来にもなっています。立花山城主だった宗茂は岩屋城で島津方の軍勢数万を相手に7百ほどの兵で篭城・1週間ほど島津方に大打撃を与えつつ釘付けにし最後は壮絶に玉砕した父高橋紹運の敵を討つべく秀吉の先鋒毛利などの軍到来を聞き立花山城の囲みを解き撤退する島津方を激しく追撃しますが、宗茂の押さえと...

Appendix

プロフィール

けん

Author:けん
戦国武将にまつわる史跡と味のある建築探訪をテーマに暇を見つけては各地を彷徨っている40代前半の会社員(オッサン)です。ノスタルジックなもの・ローカル色強いものを好む習性があります。 


※公序良俗に反していない限り基本リンクフリーですが、ブログ内全ての画像・記事の無断使用・転載はまとめサイト含め一切固くお断りさせていただいております。

月別アーカイブ

カテゴリ

にほんブログ村

にほんブログ村

タグリスト

最新記事一覧

三日月軒駅東支店(山形県酒田市) May 06, 2021
2020年夏山形+ちょこっと秋田の旅3日目 米沢 May 02, 2021
2020年夏山形+ちょこっと秋田の旅2-3 酒田市内を巡る Apr 25, 2021
2020年夏山形+ちょこっと秋田の旅2-2 象潟を歩く後編 Apr 18, 2021
2020年山形+ちょこっと秋田の旅2-1 象潟を歩く前編 Apr 14, 2021

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR