FC2ブログ

Entries

旧鈴木玄道宅跡(愛知県犬山市)

          慶長年間以来犬山城主成瀬家の御殿医を勤めてきた鈴木家の住宅で、格式ある家構えは竹柏居と称したそうです。現在もご子孫の方がお住まいです。          住宅前には案内板あり。★当ブログのまとめサイトなどへの無断転載・使用は一切固く禁止しております。にほんブログ村...

車山蔵(愛知県犬山市)

         犬山祭りで使われる車山(やま)の格納蔵です。一見和風建築に見えますが洋風建築の技法がところどころに導入されているそうです。国指定登録有形文化財犬山祭りの際にくりだす山車の格納蔵。間口4.55m、桁行8.22m規模の木造平屋建、瓦葺切妻屋根、妻入の建屋で、桁高は7mある。棟梁は犬山藩御用大工の系譜を継ぐ市橋清次郎で、水平筋違や側壁の筋違などに洋風建築技術の導入が認められる(文化財ナビ愛知より)...

遠藤家住宅(愛知県犬山市)

          昭和26年より遠藤硝子店の所有となっているこの建物は元々は江戸時代から料理業を営んでいた家の建物で主屋は明治33(1900)年に建てられたものだそうです。料理屋として建てられた町家。2階建で、西表と南の2方を通りに面するため、切妻造の北妻に対して南妻は入母屋造とし、1階も西面とともに南面に庇を廻らす。料理屋らしく2階にも本格的な座敷を配するためたちが高く、町並みの中にあっても一際目立つ存在...

三井家住宅(愛知県犬山市)

                   現在三井家住宅となっているこの商家建築は江戸時代は小川家の建物で屋号米清で商いをしていた家です(米問屋小川清六を略したもの)。小川家は元々は木曽川の対岸鵜沼・各務ヶ原の領主大沢和泉守の流れを汲んでいる土豪でしたが信長の岐阜城攻めの前哨戦で野に下り商人となります。江戸時代は犬山の米を一手に買占め木曽川を桑名へ下りそこから江戸まで売りに行き、帰りは農機具や肥料など...

高木家住宅(愛知県犬山市)

          高木家は江戸時代は綿屋善四郎の名で酒造業を営んでいた家で昭和10年ごろに酒造業を廃業し酒の小売を昭和20年まで行っていました。写真の主屋は間口6間奥行8間、2階建の平入町家で、街路に西面して建つ。元は酒造業を営んだ。南端にトオリニワがあり、北側の落棟の背後に坪庭をもつ。切妻造、桟瓦葺で、正面に半間幅の下屋がつき、格子を建込む。2階は出桁造で塗込とし、鉄格子入の窓を開く。(文化財ナビ愛知...

Appendix

プロフィール

けん

Author:けん
戦国武将にまつわる史跡と味のある建築探訪をテーマに暇を見つけては各地を彷徨っている40代前半の会社員(オッサン)です。ノスタルジックなもの・ローカル色強いものを好む習性があります。 


※公序良俗に反していない限り基本リンクフリーですが、ブログ内全ての画像・記事の無断使用・転載はまとめサイト含め一切固くお断りさせていただいております。

月別アーカイブ

カテゴリ

twitter

にほんブログ村

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

トーハクねこシリーズ

にほんブログ村

タグリスト

最新記事一覧

光林寺 岸田伯耆守忠氏の墓(岩手県花巻市) May 23, 2019
JR東北本線石鳥谷駅(岩手県花巻市) May 19, 2019
マルカン百貨店(岩手県花巻市) May 16, 2019
雄山寺 北信愛の墓(岩手県花巻市) May 14, 2019
東北本線は霧の中 May 13, 2019

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR