FC2ブログ

Entries

近世宇土城跡(熊本県宇土市)

          近世宇土城は肥後の国人一揆後に肥後半国を領した小西行長によって天正16(1588)年より築城を開始、城下町も包括する形の惣構の城として形成されましたが関ヶ原の戦いで行長は主力を率いて上方へ進出、宇土城も九州に残っていた加藤清正に攻められ城代小西隼人行景(行長の弟)らが奮戦するも落城しています。加藤清正の時代は同じく西軍方に付き改易された紀伊新宮城主堀内安房守氏善が2千石で清正に仕え宇...

宇土古城(熊本県宇土市)

          宇土城は中世に築かれた宇土古城と肥後の国人一揆鎮圧後に肥後半国24万石で宇土に入った小西行長によって築かれた近世宇土城の2つに区分されます。宇土古城は永承(1048)年の関白藤原頼通下向の際に宇土氏によって築かれたとも言われますが詳細なことはよく分かっていません。...

船場橋(熊本県宇土市)

          熊本は優秀な石工を輩出した土地ですがそういう彼らが作った石橋が今も多く現存しています。宇土市にある船場橋のある一帯は古くから宇土藩の米蔵屋敷や舟手奉行屋敷などが武家屋敷の建ち並ぶ地区で荷物の集積場としても賑わっていました。                      船場橋は長さ13.7メートル・幅4.1メートルの単一アーチ橋で石材は宇土市網津町で採れる馬門石(ピンク掛った石)と安山岩...

松井神社(熊本県八代市)

          松井神社は明治14年に肥後藩筆頭家老で代々八代城主を務めた松井家の初代松井佐渡守康之と2代興長(宮本武蔵に出てくる長岡佐渡)を祀っている神社で、松井家の旧臣たちによって松井家の居館跡に建てられました。八代城跡や麦島城跡などと一括で松井神社の社域も国の史跡指定を受けています。元々この場所は加藤清正の統治時代に八代城代加藤正方が母親の隠居所を建てたことに始まり、加藤家改易後に細川家が...

八代城(熊本県八代市)

                    現在の八代城(松江城)は加藤家家老である加藤正方が地震で崩壊した麦島城に代わる城として築城し、加藤家改易後に細川家が肥後に入国すると隠居していた細川三斎(忠興)が隠居城として入ります。合戦経験豊富な歴戦の雄である三斎を置くことで薩摩の島津への備えとしたわけです。三斎没後は細川家筆頭家老松井家が城主として入り明治へと至ります。                 ...

Appendix

プロフィール

けん

Author:けん
戦国武将にまつわる史跡と味のある建築探訪をテーマに暇を見つけては各地を彷徨っている40代前半の会社員(オッサン)です。ノスタルジックなもの・ローカル色強いものを好む習性があります。 


※公序良俗に反していない限り基本リンクフリーですが、ブログ内全ての画像・記事の無断使用・転載はまとめサイト含め一切固くお断りさせていただいております。

月別アーカイブ

カテゴリ

にほんブログ村

にほんブログ村

タグリスト

最新記事一覧

三日月軒駅東支店(山形県酒田市) May 06, 2021
2020年夏山形+ちょこっと秋田の旅3日目 米沢 May 02, 2021
2020年夏山形+ちょこっと秋田の旅2-3 酒田市内を巡る Apr 25, 2021
2020年夏山形+ちょこっと秋田の旅2-2 象潟を歩く後編 Apr 18, 2021
2020年山形+ちょこっと秋田の旅2-1 象潟を歩く前編 Apr 14, 2021

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR