FC2ブログ

Entries

船上城(兵庫県明石市)

          明石

明石川の西岸に位置する船上は古くから戦略上要所であったため明石の中心地であったと考えられ赤松氏が砦を築いたりしていましたが、本格的な戦国時代に入ると別所山城守吉親が出城として林ノ城を築いています。これは秀吉の三木城攻めで落城、その後蜂須賀小六政勝などが城主として入っています。

現在の船上城を築いたのはキリシタン大名で有名な高山右近です。高槻から明石へ転封となった高山右近は最初明石氏の居城枝吉城に入ったとされますが、海に面した船上の地へ拠点を移すこととなりこの地に林ノ城をベースに新たな城を築き城下町も整備していきます(異説あり)。

右近時代の船上城の詳細は不明だそうですが城は小さな天守を構え港には大船が2隻浮かんでいたと伝わり規模の大きな城だったようです、また最盛期の船上城下にはキリシタンが2千人を越えたと伝わりますが、右近が追放された後は豊臣家直轄領となり中島左兵衛・毛利九郎左衛門(毛利高政の弟吉安)・藤井与次兵衛(新右衛門)勝介など豊臣家旗本が城番として入っています。

関ヶ原の戦い以後は播磨国主となり姫路に入った池田家の城となり池田輝政は8男で家老池田左近利政を、その後甥の出羽守由之が城主として入っていますが池田家の備前転封後に明石に入った小笠原忠真(忠政)は居城を現在の明石城に移すことで廃城となっています。現在遺構はほぼなく本丸部分と辛うじて堀の役割を果たしていた古城川に城跡を感じるぐらいですが、現在の明石城巽櫓は船上城の遺構と伝わり明石藩家老織田家長屋門も船上城下から移築された屋敷跡だと言われています。


以前は田んぼ・畑の中にポツンと浮島のように本丸部分だけが残されていたのですが、近年は宅地開発が進んだことで状況は大きく変化しており、どうすれば本丸へ行けばいいのか分からない状態になっています。以前は田んぼのあぜ道を横切れば(ここも正式には私有地でしたが)本丸にある古城大明神の祠(石碑あり)まで行けたのですが、現在は明らかに民家敷地など私有地を入る必要もあるので行くのはほぼ不可能なように思います。


             


★当ブログのまとめサイトなどへの無断転載・使用は一切固く禁止しております。

にほんブログ村


関連記事

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

けん

Author:けん
戦国武将にまつわる史跡と味のある建築探訪をテーマに暇を見つけては各地を彷徨っている40代前半の会社員(オッサン)です。ノスタルジックなもの・ローカル色強いものを好む習性があります。 


※公序良俗に反していない限り基本リンクフリーですが、ブログ内全ての画像・記事の無断使用・転載はまとめサイト含め一切固くお断りさせていただいております。

月別アーカイブ

カテゴリ

にほんブログ村

にほんブログ村

タグリスト

最新記事一覧

三田城(兵庫県三田市) Aug 10, 2020
西福寺の清水五輪塔(兵庫県明石市) Aug 02, 2020
妙福寺(兵庫県丹波篠山市) Jul 17, 2020
小田垣商店(兵庫県丹波篠山市) Jul 05, 2020
河原町妻入商家群(兵庫県丹波篠山市) Jun 29, 2020

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR