FC2ブログ

Entries

由利高原鉄道

JR羽越本線羽後本荘駅から鳥海山の玄関口のひとつ矢島までを結ぶ由利高原鉄道。元々は羽後本荘と内陸の横手とを結ぶ横荘鉄道の西線として開業、その後国鉄矢島線となりますが国鉄第1次廃止対象特定地方交通線となり廃止が決定、昭和60年10月1日より由利高原鉄道として新たなスタートを切って現在へと至っています。今回の記事は2年前に旧矢島町の史跡巡りの際に乗車した時の記録で、内容も当然2年前のものとなります。





          由利鉄
 
JR改札口を一度出て羽後本荘駅の由利高原鉄道窓口にて1日フリー乗車券を購入。羽後本荘ー矢島を往復だと普通に乗車券を買うよりもフリー乗車券を購入した方が若干ですが安くなります。そしてすでにホームに入っている羽後本荘10時47分発の列車に乗車。

私は札幌から急行はまなす号を利用し南下してきたのですが、この列車は当時走っていた新宿発新潟行き夜行快速ムーンライトえちごから羽越線を乗り継ぎ北上してきた人たちが乗るのもこの列車になります。夏休み期間中の週末と言うことで東京からムーンライトえちごでやってきた高校生鉄ちゃんグループなどで思いのほか賑やかな車内となりました。そういうことを会社側も把握しているはずで、車両は当時走っていた宇宙戦艦ヤマトがラッピングされた車両におぼこ姿で観光案内や物販販売を行うアテンダントさんも乗車していました。

         由利鉄

由利高原鉄道になぜヤマトなのか謎です(笑) ヤマト以前にこの車体にラッピングされていた釣りキチ三平は作者の矢口高雄氏が秋田県出身で沿線の子吉川などともイメージはマッチするんですが。

         由利鉄

車内のデスラーなどは貼り付けた感じ全開(笑)


         由利鉄


         由利鉄


        由利鉄

沿線はほぼ子吉川とその支流、自然の中を走るローカル線の車窓が広がります。


          由利鉄

矢島に近づくと鳥海山などの山々が見え始めてきますが米どころ秋田らしい田園風景も続きます。列車は40分弱で終点矢島駅へ到着。


この記事を書くに当たって調べると私が矢島まで乗車した宇宙戦艦ヤマト号は姿を消し、今年より地方中小私鉄でチラホラ見かける女の子のアニメ(漫画)キャラへとラッピングが変更されているようです。個人的には先述したようにこのヤマト号もどうかと思っていただけに萌えキャラにはかなり大きな?が付くんですが(あくまで個人的感想)、好きな方もおられるでしょうからそれ目当てで来られる人もおられるのでしょう。地方私鉄や3セクはどこも経営的に大変ですから必死なのは理解できます。ただ理解は出来るんだけど由利高原鉄道のサイトの写真を見るとやっぱり何か違うんですよねぇ・・・。



★当ブログのまとめサイトなどへの無断転載・使用は一切固く禁止しております。
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

関連記事

コメント

[C114] 東北

 今度は東北の旅をされたのかなと思ったら、2年前の掘り起こしですね。 私も埋もれたままの記事が多数。
本当は感動の残ってる間にすぐに記事に出来ればいいのですが、なかなかそういうわけにいかず、どんどんと時が過ぎ。。 私の場合特にいろんな事を忘れ去っています。
 
 東北は未踏の地なので、興味深く、心高鳴るのですが、なかなか時間とアクセスがうまくいきません。
来年位には行けるといいなぁ。

 京阪電車大津線でも、首をひねりたくなるキャラクター電車が走っています。。 せめて なんらかの「ゆかり」が欲しいところですね。

[C116] yumeさん

ムーンライトえちごが廃止になったことで18きっぷや北海道&東日本パスで東北に行きにくくなっちゃいました。あれを使うと秋田には10時過ぎに到着、陸羽西線や米坂線経由で山形そして仙台へも行けますし、磐越西線で会津若松など色々旅先候補は広がってたんですが・・・。新幹線では味わえない素晴らしい景色も広がっていますし(羽越線で見た日本海の夕日はまさにトワイライトで本当に素晴らしかったです)。

由利高原鉄道はラッピングには疑問符ですが(笑)、後日記事にしますが多くの温かさに出会える素晴らしい鉄道会社でした。国鉄時代の木造駅舎は姿を消しましたが矢島の町は古い建物も多く、沿線の旧鮎川小学校も今回は訪問できませんでしたが素晴らしい建物のようです。この方面を訪れる機会あれば是非矢島まで一足伸ばしてみてください。

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

けん

Author:けん
戦国武将にまつわる史跡と味のある建築探訪をテーマに暇を見つけては各地を彷徨っている40代前半の会社員(オッサン)です。ノスタルジックなもの・ローカル色強いものを好む習性があります。 


※公序良俗に反していない限り基本リンクフリーですが、ブログ内全ての画像・記事の無断使用・転載はまとめサイト含め一切固くお断りさせていただいております。

月別アーカイブ

カテゴリ

にほんブログ村

にほんブログ村

タグリスト

最新記事一覧

三田城(兵庫県三田市) Aug 10, 2020
西福寺の清水五輪塔(兵庫県明石市) Aug 02, 2020
妙福寺(兵庫県丹波篠山市) Jul 17, 2020
小田垣商店(兵庫県丹波篠山市) Jul 05, 2020
河原町妻入商家群(兵庫県丹波篠山市) Jun 29, 2020

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR