FC2ブログ

Entries

森田住吉神社 明石藩主松平信之供養塔(兵庫県明石市)

明石市大久保町森田にある住吉神社は旧山陽道沿いに面した場所にある小さな神社で創建年代などは不明ですが、江戸時代中期の旧森田村の成立とほぼ同時期に村の鎮守として建てられたのではないかと言われています。明石は瀬戸内海沿いにあり漁業に従事する者も多かったので海の神様である住吉神社が各地に作られていますがこちらもそのひとつ。そのためこの記事では森田住吉神社と表記させていただきます。


          明石

鳥居は平成7年1月17日の阪神・淡路大震災で倒壊し、その後立て直されました。

          明石


              明石

松平日向守信之供養塔
拝殿の裏手、国道2号線側にひっそり建っています。明石藩主には名君の誉れ高い人物が複数出ていますが、松平信之は特に領民から慕われていた殿様でした。彼は後に幕府老中まで務めた人物ですが明石藩主時代には善政を敷き新田開発を奨励しました。後に大和郡山藩主を経て古河藩主時代に亡くなりますが、そのことを伝え聞いた明石藩内の住民たちは彼の遺徳を偲んで供養塔や報徳碑を各所に建てて彼の冥福を祈ります。

住吉神社のある旧森田村もそのひとつで、元々7軒の民家しかない一面野原だったこの土地も信之の父忠国が開発を許可した林崎掘割の完成により田畑へと生まれ変わります。信之はこの地に井戸を2つ掘って屋敷24棟を与え森田村と改めています。信之は貞享3(1686)年7月22日に亡くなっていますが、この供養塔はその1ヵ月後には建てられていることからも領民の信之への敬慕の念を感じることが出来ます。

国道2号線と旧山陽道の間に鎮座しています。国道2号線を隔てて斜め前付近には明石市消防本部があるのでこじんまりとした神社ですが見落とすことはないかと思います。

              

★当ブログのまとめサイトなどへの無断転載・使用は一切固く禁止しております。
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村


関連記事

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

けん

Author:けん
戦国武将にまつわる史跡と味のある建築探訪をテーマに暇を見つけては各地を彷徨っている40代前半の会社員(オッサン)です。ノスタルジックなもの・ローカル色強いものを好む習性があります。 


※公序良俗に反していない限り基本リンクフリーですが、ブログ内全ての画像・記事の無断使用・転載はまとめサイト含め一切固くお断りさせていただいております。

月別アーカイブ

カテゴリ

にほんブログ村

にほんブログ村

タグリスト

最新記事一覧

三田城(兵庫県三田市) Aug 10, 2020
西福寺の清水五輪塔(兵庫県明石市) Aug 02, 2020
妙福寺(兵庫県丹波篠山市) Jul 17, 2020
小田垣商店(兵庫県丹波篠山市) Jul 05, 2020
河原町妻入商家群(兵庫県丹波篠山市) Jun 29, 2020

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR