FC2ブログ

Entries

花隈城(神戸市中央区)

          神戸

現在は神戸市立花隈駐車場となっている花隈城跡は毛利氏と同盟を結んだ石山本願寺に対抗するため織田信長の命を受けた荒木村重によって天正年間頃に築城された平山城です。本丸・二の丸・三の丸からなり本丸西北隅に天守、東南隅には櫓が作られ、石垣は穴太衆が担当するなど本格的な造りとなっていたそうです。ただ眼前には山陽道(西国街道)が通り交通の要所的立地でもあったために城らしきものはそれ以前より築かれていたようです。

後に村重が謀反を起こした際には荒木志摩守(大河原石見守説も)が城主として守りますが、池田恒興と息子の之助・輝政兄弟ら織田方に攻められて落城しています。之助・輝政兄弟はこれが初陣だったと伝わります。

          神戸

落城後は池田恒興に西摂津が与えられますが花隈城には入らず兵庫津に近い兵庫城を築城することで花熊城は廃城となり一帯は畑になっていたようです。現在の石垣は昭和40年代になってから築かれたもので天守台も再現され公園となっています。

         神戸

                 神戸

天守台には花隈城を落城させた池田恒興の子孫である池田宣政公爵の筆による記念碑が立てられています。この碑は阪神・淡路大震災で倒壊しましたが現在は元の姿に戻っています。

           神戸

福徳寺
花隈城の西側に位置する浄土宗の寺院で、この場所に天守があったと伝わり山門前にはそれを記した花隈城天守閣址碑も建てられています。山門はいつも閉まっていますがすぐ隣に会館がありそこからお寺へは入れます。昭和44年の花隈駐車場工事の際に花隈城籠城の際に亡くなった人々の供養塔とも伝わる多くの石塔や五輪塔が見つかり一部が福徳寺に移されています。

                神戸

碑の裏側には荒木志摩守の文字が記されています。荒木志摩守元清は村重と同じく落城後も生き延び秀吉に仕え、一時期秀次事件に連座し改易されますが後に赦され、子孫は江戸時代も幕府旗本として存続しています。荒木流馬術の創始者としても知られた人物です。


JR神戸線(東海道本線)元町~神戸間北側にあり車窓からもしっかり見えます。


             
            
★当ブログのまとめサイトなどへの無断転載・使用は一切固く禁止しております。

にほんブログ村

関連記事

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

けん

Author:けん
戦国武将にまつわる史跡と味のある建築探訪をテーマに暇を見つけては各地を彷徨っている40代前半の会社員(オッサン)です。ノスタルジックなもの・ローカル色強いものを好む習性があります。 


※公序良俗に反していない限り基本リンクフリーですが、ブログ内全ての画像・記事の無断使用・転載はまとめサイト含め一切固くお断りさせていただいております。

月別アーカイブ

カテゴリ

にほんブログ村

にほんブログ村

タグリスト

最新記事一覧

三田城(兵庫県三田市) Aug 10, 2020
西福寺の清水五輪塔(兵庫県明石市) Aug 02, 2020
妙福寺(兵庫県丹波篠山市) Jul 17, 2020
小田垣商店(兵庫県丹波篠山市) Jul 05, 2020
河原町妻入商家群(兵庫県丹波篠山市) Jun 29, 2020

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR