FC2ブログ

Entries

教信寺 教信上人の墓(兵庫県加古川市)

          加古川

教信寺は称名念仏の創始者で後の親鸞や一遍などにも多大な影響を与えたといわれる教信上人によって承和3(836)年に開かれた寺で、江戸時代末期までは浄土宗の寺院でしたが明治時代に入ってからは天台宗へ転じています。室町時代には堂宇13に僧坊48を数える大伽藍を構えるまで繁栄し僧兵を抱え野口城主長井氏とともに秀吉に抵抗したために戦禍に遭い焼失、その後寛永19(16)に再興しています。


          加古川

本堂  
          
         加古川

               加古川

          加古川

教信上人廟(兵庫県指定文化財)
教信上人の廟所は廟所門を備えるなど立派な墓所となっており、上人の墓とされる五輪塔は南北朝時代の作とされます。

教信は元は興福寺の僧でしたが貴族的な南都仏教に満足できず各地を放浪した末に賀古の駅に庵を結んだ沙弥(妻子と市井で暮らす僧)で、布教の傍ら草鞋を作って貧しい者に配ったり山陽道を行き交う人々の荷物を運んだり灌漑活動を行ったりしていました。教信は自分の遺体を鳥獣に食わせるよう遺言を残し入寂し、その通り自分の体を鳥獣に施し胴体は鳥獣に食われますが首より上は全くの無傷だったそうで、その説話を元に沙弥教信上人頭像(兵庫県指定文化財)が作られ開山堂の御本尊となっています。    


今でも4つの塔頭を抱えており野口城最後の城主となる長井四郎左衛門政重の五輪塔が境内墓所に、また弟平左衛門の五輪塔墓が塔頭のひとつ不動院にあるようです(未確認)。





にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

関連記事

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

けん

Author:けん
戦国武将にまつわる史跡と味のある建築探訪をテーマに暇を見つけては各地を彷徨っている40代前半の会社員(オッサン)です。ノスタルジックなもの・ローカル色強いものを好む習性があります。 


※公序良俗に反していない限り基本リンクフリーですが、ブログ内全ての画像・記事の無断使用・転載はまとめサイト含め一切固くお断りさせていただいております。

月別アーカイブ

カテゴリ

にほんブログ村

にほんブログ村

タグリスト

最新記事一覧

三田城(兵庫県三田市) Aug 10, 2020
西福寺の清水五輪塔(兵庫県明石市) Aug 02, 2020
妙福寺(兵庫県丹波篠山市) Jul 17, 2020
小田垣商店(兵庫県丹波篠山市) Jul 05, 2020
河原町妻入商家群(兵庫県丹波篠山市) Jun 29, 2020

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR