FC2ブログ

Entries

妙楽寺 黒田二十四騎竹森次貞の墓(福岡市博多区)

         福岡


正和5(1316)年に大応国師南浦紹明の法弟月堂宗規和尚開山の臨済宗大徳寺派に属するお寺。創建当時は博多湾岸の沖の浜にあり遣明使の宿泊場所になるなど外交の重要拠点となっていましたが天正年間(1573~1591)の博多焼失とともに焼失。その後初代藩主黒田長政によって現在地に移され再興しています。

          福岡

本堂
門などは閉ざされていました。

          福岡

鐘楼

         福岡


              福岡

竹森石見守次貞の墓
黒田二十四騎のひとり。若い頃より官兵衛に従い数々の武功を挙げますが播磨別府城攻めで左腕を斬られ不自由になって以降は旗奉行を務めています。

          福岡

竹中家の墓
竹中半兵衛重治の孫重次を祖とする家。初代藩主となる長寿丸(黒田長政)が幼少時に荒木村重に囚われた父官兵衛を疑った信長の命により殺されかけた際に重治によって命を救われた恩に報いるために重治の子重門の次男重次を迎え入れたとされます。

               福岡

竹中主膳重次の墓
上述した竹中半兵衛重治の嫡男竹中丹後守重門(江戸期は6千石の交代寄合旗本)の次男。長政の半兵衛への恩もあるでしょうが長政と重門は幼馴染でもあ,ったので庶子であった重次を黒田家の家臣として迎え入れたのかもしれません。



         福岡

黒田左兵衛の墓
3代藩主光之の息子。

              福岡

吉田壱岐重成の墓
黒田二十四騎のひとりで官兵衛の乳母の子であった吉田壱岐守長利の次男。彼の最初の正室は後藤又兵衛の妹だったと伝わっています。晩年は東蓮寺(直方)藩の家老となりますが彼の経歴から考えると単なる家老というよりはお目付け役を兼ねた附家老のような位置付けだったのではと思います。

                 福岡

宮崎織部の墓
福岡藩支藩秋月藩黒田家家老。藩主が幼少なのをいいことに藩政を牛耳ったことで訴えられ改易・配流されたそうです。


                 福岡

伊丹九郎左衛門の墓
同じく福岡藩支藩である東蓮寺(直方)藩家老。


                 福岡

神屋宗湛の墓
博多の豪商として有名な神屋宗湛の墓もこちらにあります。

              福岡

末次久四郎孝善の墓
この人も博多の豪商で長崎代官となる末次平蔵政直の父親です。

他に福岡藩御用商人で密貿易をし死罪となった伊藤小左衛門の墓などがあるほか、ういろう発祥の地の碑などもあります。

【住所】
福岡市博多区御供所町13−6 ‎

                

★当ブログのまとめサイトなどへの無断転載・使用は一切固く禁止しております。

にほんブログ村

関連記事

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

けん

Author:けん
戦国武将にまつわる史跡と味のある建築探訪をテーマに暇を見つけては各地を彷徨っている40代前半の会社員(オッサン)です。ノスタルジックなもの・ローカル色強いものを好む習性があります。 


※公序良俗に反していない限り基本リンクフリーですが、ブログ内全ての画像・記事の無断使用・転載はまとめサイト含め一切固くお断りさせていただいております。

月別アーカイブ

カテゴリ

にほんブログ村

にほんブログ村

タグリスト

最新記事一覧

三田城(兵庫県三田市) Aug 10, 2020
西福寺の清水五輪塔(兵庫県明石市) Aug 02, 2020
妙福寺(兵庫県丹波篠山市) Jul 17, 2020
小田垣商店(兵庫県丹波篠山市) Jul 05, 2020
河原町妻入商家群(兵庫県丹波篠山市) Jun 29, 2020

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR