FC2ブログ

Entries

本性寺 小野寺義道の墓(島根県津和野町)

          津和野

本性寺は日蓮宗の寺院で、関ヶ原の戦いで当初は東軍に付くも長年の仇敵最上義光の指揮下に入ることを拒否し上杉景勝と内通して最上義光を挟撃しようとしたことを理由に改易され津和野に配流された出羽横手城主小野寺義道と弟康道一族の墓があります。雪が降り積もったこの日の景色は彼らの故郷である横手と少し似た雰囲気。雪が降り積もるような日には彼らも故郷を思ったことでしょう。



         
          津和野

本堂


                津和野

小野寺義道の墓
従五位下遠江守 関ヶ原の戦いで改易され津和野に配流され最初は坂崎直盛に、坂崎家改易後も引き続き津和野に入った亀井家に身柄を預けられてこの地で亡くなっています。

永明寺の記事でも触れましたが坂崎直盛の墓を建てたのがこの義道だとされます。義道といえば勇敢ではあるものの知略に乏しく最終的に大名の地位から転げ落ちたイメージが強いですが、家康の孫娘千姫奪回を企てようとしたとされる直盛に配流後色々世話になったからと自身事実上の罪人の身でありながら幕府の顔色伺うことなく(さすがに坂井出羽守と偽名を刻ませていますが)墓を建てる点、人間的には魅力的な人だったのかもしれません。



          津和野

小野寺家一族の墓
津和野藩に身柄を預けられた小野寺義道・康道兄弟にはそれぞれ捨扶持が与えられ、子孫は津和野藩に仕え重臣の席に列したりしています。こちらは康道の子孫の墓所。


           津和野

小野寺康道の墓
出羽大森城主 大森五郎という名前の方が知られているでしょうか。800程度の寡兵で1万とも言われる最上勢から城を守り通すなど武勇名高かった人物ですが関ヶ原の戦いで改易された兄と共に津和野へ配流されることになります。

お寺の方が不在だったので最終確認できませんでしたが事前に津和野町教育委員会に問い合わせ送っていただいた地図及びネット情報などからこの墓石がほぼ康道のお墓で間違いないかと思います。



梅雨以降はかなり草が生い茂る感じなこととスズメバチが多いという事前情報にも接していたので一番行きやすいであろう春先の3月初めを選んだわけですがご覧の通りの大雪。やや山を登っていく必要のある康道の墓へ向かう途中は20cm近く積もっており酷い目に遭いました。

【住所】
津和野町森村1325


            


★当ブログのまとめサイトなどへの無断転載・使用は一切固く禁止しております。

にほんブログ村


関連記事

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

けん

Author:けん
戦国武将にまつわる史跡と味のある建築探訪をテーマに暇を見つけては各地を彷徨っている40代前半の会社員(オッサン)です。ノスタルジックなもの・ローカル色強いものを好む習性があります。 


※公序良俗に反していない限り基本リンクフリーですが、ブログ内全ての画像・記事の無断使用・転載はまとめサイト含め一切固くお断りさせていただいております。

月別アーカイブ

カテゴリ

にほんブログ村

にほんブログ村

タグリスト

最新記事一覧

三田城(兵庫県三田市) Aug 10, 2020
西福寺の清水五輪塔(兵庫県明石市) Aug 02, 2020
妙福寺(兵庫県丹波篠山市) Jul 17, 2020
小田垣商店(兵庫県丹波篠山市) Jul 05, 2020
河原町妻入商家群(兵庫県丹波篠山市) Jun 29, 2020

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR