FC2ブログ

Entries

山錦楼(石川県金沢市)

          金沢

寺町にある料亭山錦楼の建物は野田町より現在地へ移転した大正11(1922)年に建てられた地上3階・地下1階の建物で、犀川側から見ると4階建ての建物に見え正面から見ても何度か増築されたであろう珍しい姿をしており金沢市指定保存建造物となっています。


           金沢

山錦楼は、初代が野田町から現在地へ移転した大正11年(1922)に建築されたといわれています。2階建ての町家が建ち並んでいた一角で現在の正面左側にあたる3軒分を客座敷向きに改築したのが大正14年(1925)頃、さらに3階部分を建て増しして継いだのが昭和11年(1936)頃といいます。この建物では正面玄関の1~2階が最も古い部分を残しています。

大正末~昭和初期にかけて、金沢では、本2階建てをしのぐ2階建ての料亭・旅館が、営業スペースの拡大を目的に数多く新築されていました。それに刺激され、3階建ての建物にしたものと考えられます。犀川河岸の段差ある敷地に立つため、河岸から見ると4階建てとなっています。

平面構成は、1階は主に客の待合や帳場と料理場などで占められ、2階から上に座敷がいくつか並び、特に大広間は各階に1間ずつ設けられています。2階の大広間(39.5畳)は格天井で色壁はグリーン、3階の大広間(21畳)は竿縁天井で壁色はコバルトブルーです。3階の方が時代がやや新しいだけに、付け書院、床脇の棚、欄間などの意匠に技巧が目立ちます。また地下階は客用便所や使用人のための部屋などがあります。外観は町家建築からの発展形を基調とした意匠でまとめられています。数回にわたって建て増しされ、組み込まれた部分も、全体の中では違和感なく連続しており、いやみのない端正な意匠となっています。複数の町家を融合させ、長期にわたって構成されてきたユニークな建物です。
(金沢市ホームページより)

【住所】
金沢市寺町5丁目1番38号

             


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村
関連記事

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

けん

Author:けん
戦国武将にまつわる史跡と味のある建築探訪をテーマに暇を見つけては各地を彷徨っている40代前半の会社員(オッサン)です。ノスタルジックなもの・ローカル色強いものを好む習性があります。 


※公序良俗に反していない限り基本リンクフリーですが、ブログ内全ての画像・記事の無断使用・転載はまとめサイト含め一切固くお断りさせていただいております。

月別アーカイブ

カテゴリ

にほんブログ村

にほんブログ村

タグリスト

最新記事一覧

三田城(兵庫県三田市) Aug 10, 2020
西福寺の清水五輪塔(兵庫県明石市) Aug 02, 2020
妙福寺(兵庫県丹波篠山市) Jul 17, 2020
小田垣商店(兵庫県丹波篠山市) Jul 05, 2020
河原町妻入商家群(兵庫県丹波篠山市) Jun 29, 2020

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR