FC2ブログ

Entries

高巌禅寺 生駒直勝・青木新兵衛の墓(石川県金沢市)

          金沢

慶長10(1605)年、密厳宗顕開山・加賀藩重臣生駒内膳正直勝開基による臨済宗妙心寺派の寺院で、開基生駒家歴代やその他高名な複数の加賀藩重臣の墓などが墓所にあります。



         金沢

本堂

         金沢

生駒直勝の墓
従五位下内膳正 加賀藩人持組生駒家初代でこの寺の開基。信長の落胤という説もある直勝は信長の命で生駒姓に改姓、後に前田家に5千石で仕え晩年は村井豊後守長頼とともに利家の正室芳松院(まつ)付となり江戸で亡くなっています。墓石は霊屋に奥方(織田信雄の娘)の墓とともに納められています。



           金沢

青木芳斎の墓
青木新兵衛正玄という隠居前の名前で知られます。槍仕として若い頃より名があり主家を転々とし関ヶ原の戦いでは上杉景勝に仕え、殿軍として追撃してきた伊達政宗の兜の半月前立を叩き割るなどして撃退、関ヶ原後は結城秀康に仕え大坂の陣にも越前松平家家臣として従軍しています。その後は京都で隠遁していたところ前田家より5千石の高禄で招かれています。

現在も彼の屋敷のあった場所は芳斉という地名として残っており、ここ高巌寺も芳斉2丁目にあります。


           
          金沢

浅香三郷の墓
左馬助・出雲 水野庄次郎という名で有名。経歴には諸説ありますが名古屋山三郎・不破万作とともに戦国三大美少年に数えられ、織田信雄を経て蒲生氏郷に仕え安積城主。蒲生家大幅減封に伴い石田三成に仕え関ヶ原の戦いで奮戦し敵ながら家康より賞賛を受けています。その後、慶長19(1614)年に前田利常に招かれ大坂の陣に出陣し3750石を知行し馬廻頭を務めますが、この人も派手な装束を好んだ傾奇者だったそうです。 

             金沢

一柳監物直興の墓(遺髪塔)
伊予西条藩3代藩主。職務怠慢などを理由に改易され前田綱紀に身柄を預けられて金沢で亡くなっています。


参拝にはお寺の許可が要りますが(金沢市の史跡マップにも要許可と掲載されている)、行くとご住職に「なぜ墓参りするのか」と厳しく詰問されしばらく埒が空かない状態でした。かなりきつい口調で来るので行かれる場合は不快な思いをするためご注意ください。理解していただければそれまでの詰問が嘘のようにスンナリ許可していただけます(生駒の名に固執していたので少し裏事情もあるような感じでした)。
              

            

★当ブログのまとめサイトなどへの無断転載・使用は一切固く禁止しております。

にほんブログ村

当ブログを補完するFacebookページを始めました。よろしければご覧ください!
ぶらり歴史旅一期一会(fb版) 


関連記事

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

けん

Author:けん
戦国武将にまつわる史跡と味のある建築探訪をテーマに暇を見つけては各地を彷徨っている40代前半の会社員(オッサン)です。ノスタルジックなもの・ローカル色強いものを好む習性があります。 


※公序良俗に反していない限り基本リンクフリーですが、ブログ内全ての画像・記事の無断使用・転載はまとめサイト含め一切固くお断りさせていただいております。

月別アーカイブ

カテゴリ

にほんブログ村

にほんブログ村

タグリスト

最新記事一覧

三田城(兵庫県三田市) Aug 10, 2020
西福寺の清水五輪塔(兵庫県明石市) Aug 02, 2020
妙福寺(兵庫県丹波篠山市) Jul 17, 2020
小田垣商店(兵庫県丹波篠山市) Jul 05, 2020
河原町妻入商家群(兵庫県丹波篠山市) Jun 29, 2020

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR