Entries

壽屋(石川県金沢市)

          金沢

もと羽二重問屋の商家として使用されていたものを昭和8(1933)年精進料理専門の料亭を営むため購入し、さらに昭和10年に隣家を組み入れたものです。

建物は、間口6間(10.9m)・奥行11間(19.9m)、切妻造・平入3階建てです。玄関を入って左手の奥に向かって店の間・座敷・仏間と配された部分は藩政期のもので、他は明治以降の増改築によるものと思われます。

外観は間口1.5間の玄関を中央に左右いずれにも木虫籠を入れ、蟻壁は彫縁で押さえた下見板張りとし、腰は舟板を横使いにして、犬釘で止め付けをしています。狭間石は、青灰色の凝灰岩で、葛石は赤戸室を用い、のみ切り仕上げです。軒鼻は銅板包みとし、小庇は化粧ダルキのさらしで、銅板平葺き(一文字葺)としています。

2階は黒漆喰で方立ては漆喰塗り込めとしています。また小柱には根廻金物、木鼻には木口金物がいずれも銅板打ち出しで取り付けられています。庇は出桁を化粧腕木で支える典型的な町屋建築です。初層屋根はもと木端葺きだったと思われますが、現在は瓦葺きです。風返しやカザリなどもなく改造のあとが見られるものの、市中心部にあって大きく美しい黒瓦の屋根面と3階を持つ落ち着いた重厚性が木虫籠や黒漆喰の正面意匠と見事に調和しつつ藩政期の面影を残しています。(金沢市ホームページより)


            

★当ブログのまとめサイトなどへの無断転載・使用は一切固く禁止しております。
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村    

当ブログを補完するFacebookページを始めました。よろしければご覧ください!
ぶらり歴史旅一期一会(fb版) 

関連記事

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

けん

Author:けん
戦国武将にまつわる史跡と味のある建築探訪をテーマに暇を見つけては各地を彷徨っている40代前半の会社員(オッサン)です。ノスタルジックなもの・ローカル色強いものを好む習性があります。 


※公序良俗に反していない限り基本リンクフリーですが、ブログ内全ての画像・記事の無断使用・転載はまとめサイト含め一切固くお断りさせていただいております。

月別アーカイブ

カテゴリ

twitter

にほんブログ村

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

トーハクねこシリーズ

にほんブログ村

タグリスト

最新記事一覧

旧水口図書館(滋賀県甲賀市) Oct 15, 2017
日本キリスト教団水口教会(滋賀県甲賀市) Oct 13, 2017
心光寺 旗本美濃部家墓所(滋賀県甲賀市) Oct 09, 2017
藤栄神社(滋賀県甲賀市) Oct 07, 2017
水口城(滋賀県甲賀市) Oct 04, 2017

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR