FC2ブログ

Entries

旧村松商店(石川県金沢市)

         金沢


             金沢

             金沢

金沢市尾張町一帯は伝統的な和風建築と近代建築が複数点在している建築好きには歩いていて楽しい地区です。国指定登録有形文化財である旧村松商店の建物もそのうちの一軒。

この建物は村松商事の前身である村松商店自社ビルとして昭和3年(1928) に鉄筋コンクリート造2階建てとして建てられたもので設計・施工は清水組。建築年代からみて、金沢における民間の鉄筋コンクリート造りとしては、表通りに建つ石黒ビル(大正15年)、旧石川銀行橋場支店(昭和2年)に次ぐ早い時期のものに属し重要な存在といえます。

建物の外観は現在建物全体がベージュを基調にしたモルタル塗り壁で補修されているためか比較的地味な建物に映りますが、竣工時は植木鉢のような電灯が一定間隔で取り付けられていて、これがイルミネーションとして金沢の夜景を彩り、当時町の話題になったといいます。この着想に象徴されるように、少し派手な、かつ、既成概念を破った面白さがあふれた建物は、当時の超モダンな建物として位置付けることができます。しかし、戦時中の灯火管制で消灯を余儀なくされ、さらに金属供出で電球の金具まで取り出されました。従って、これほどまでに戦争の影響をまともに受けた建物もなく、旧状の姿に復することもできなくなったことは惜しまれます。

しかしながら昭和初期に建設されたこの建物は当時流行していたモダニズムの影響を色濃く受けている代表的な建物であると同時に、尾張町界隈、強いては金沢の近代建築史を考える上で重要な存在で貴重な建物です
(金沢市ホームページより)


            


★当ブログのまとめサイトなどへの無断転載・使用は一切固く禁止しております。
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村


関連記事

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

けん

Author:けん
戦国武将にまつわる史跡と味のある建築探訪をテーマに暇を見つけては各地を彷徨っている40代前半の会社員(オッサン)です。ノスタルジックなもの・ローカル色強いものを好む習性があります。 


※公序良俗に反していない限り基本リンクフリーですが、ブログ内全ての画像・記事の無断使用・転載はまとめサイト含め一切固くお断りさせていただいております。

月別アーカイブ

カテゴリ

にほんブログ村

にほんブログ村

タグリスト

最新記事一覧

三田城(兵庫県三田市) Aug 10, 2020
西福寺の清水五輪塔(兵庫県明石市) Aug 02, 2020
妙福寺(兵庫県丹波篠山市) Jul 17, 2020
小田垣商店(兵庫県丹波篠山市) Jul 05, 2020
河原町妻入商家群(兵庫県丹波篠山市) Jun 29, 2020

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR