FC2ブログ

Entries

浄春寺 田能村竹田・麻田剛立の墓(大阪市天王寺区)

          大阪

永禄3(1560)年に創建された曹洞宗の寺院ですが、この場所には元々平安時代の公家で家人藤原家隆の菩提所夕陽庵があったという伝承があります。

   
             
               大阪

田能村竹田の墓
文人画家として名高い人物です。豊後岡藩儒医の次男として生まれ最終的には藩校由学館の学頭にまでなっていますが、藩政改革の必要を訴え建議するも受け入れられず30台半ばにして早々隠居しています。京や大坂などへ留学中に多くの画家や学者などと交流を深め最後は大坂(吹田とも)で亡くなっています。


         大阪

遠くから見ても目立つ巨大な顕彰碑(竹田没後100年の昭和9年に建てられる)の前にある小さな墓石が本墓とのことです。


         大阪

               大阪

麻田剛立の墓
豊後杵築藩の儒者の4男として生まれ子供の頃より独学で医学と天文学を学び、後に脱藩し大阪で町医者をしながら天文学の研究を続けケプラーの第3法則と同じ理論を独自に発見した人ですが、それ以上にその後の日本の思想・科学分野の発展に大いに寄与した高橋至時・間重富(天文機器の開発に尽力)・山片蟠桃などの師匠に当たる人物です。幕府天文方を務めることとなる高橋至時の門弟には伊能忠敬など、間重富の弟子の系譜を見ていくと緒方洪庵など(当然福沢諭吉や大村益次郎なども)を輩出しています。

墓は空襲の影響などで落剥が激しかったために子孫によって昭和42年に再建されたものです。碑の撰文は大坂町人が出仕した私立学問所である懐徳堂の学頭中井蕉園、谷川祐の書になる顕彰文が墓石の4面全てにびっしり刻まれています。


写真には写っていませんが山門入り口右手には藤原家隆の歌風を慕っていたという松尾芭蕉の供養塔がひっそり立っています(当然気付かなかった)。また我が国の接骨医学・骨格学の祖といわれる各務文献のお墓もこちらにあります。


             

★当ブログのまとめサイトなどへの無断転載・使用は一切固く禁止しております。

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

関連記事

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

けん

Author:けん
戦国武将にまつわる史跡と味のある建築探訪をテーマに暇を見つけては各地を彷徨っている40代前半の会社員(オッサン)です。ノスタルジックなもの・ローカル色強いものを好む習性があります。 


※公序良俗に反していない限り基本リンクフリーですが、ブログ内全ての画像・記事の無断使用・転載はまとめサイト含め一切固くお断りさせていただいております。

月別アーカイブ

カテゴリ

にほんブログ村

にほんブログ村

タグリスト

最新記事一覧

三田城(兵庫県三田市) Aug 10, 2020
西福寺の清水五輪塔(兵庫県明石市) Aug 02, 2020
妙福寺(兵庫県丹波篠山市) Jul 17, 2020
小田垣商店(兵庫県丹波篠山市) Jul 05, 2020
河原町妻入商家群(兵庫県丹波篠山市) Jun 29, 2020

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR