FC2ブログ

Entries

壽法寺 歴代笑福亭松鶴の墓(大阪市天王寺区)

         大阪

四天王寺の東側に位置している浄土宗のお寺で、お寺のホームページによると元禄4(1691)年に浄土宗九州大本山善導寺の住職信誉恵秀上人建立の庵がはじまりと伝わり、後の元禄11(1698)年に廣誉普照上人が常念佛を始め一寺建立の心願をたて日野屋九兵衛夫婦・塩屋孫左衛門夫婦共に本堂・山門・方丈・観音堂を鎮守社建し壽法寺と号したとあります。





        
         大阪


            大阪

六十六部廻国供養塔(大阪市指定有形文化財)
山門潜ってすぐ左側にあります。

           大阪

歴代笑福亭松鶴墓所
江戸時代から続く上方落語の大名跡である笑福亭松鶴代々の菩提寺がここ壽法寺で墓所は本堂正面手前左手にあります。初代からの菩提寺ですが墓石があるのは3代目~7代目でそれほど大きくない五輪塔が並んでいます。上方落語四天王のひとりで仁鶴や鶴光、鶴瓶などの師匠は6代目になります。


           大阪

七代目松鶴の墓
七代目は亡くなってから松鶴の名を贈られたので関西の人でもピンと来る人はよほどの演芸好きだと思いますが、笑福亭松葉といえば思い出す方は多いはず。関西テレビ『痛快エブリディ』で桂南光とダブル司会を務めていたことを思い出す方もいるでしょうか。紆余曲折の末に名跡を継ぐことが決まった後に癌を患い襲名披露公演が行われる予定だった日に44歳の若さで亡くなられています。死後追贈ということもあるのか、7代目の墓は3~6代目の墓と隣接する形で建てられています。


           大阪

左から二代目桂文三、三代目桂文吾、二代目林家木鶴の墓。3人とも江戸尾終わりから明治時代に活躍した上方の噺家。文三は3・4代目もこちらに墓があるそうです。


それ以外にもお寺のホームページを見ると二代目立花家千橘、二・三代目三遊亭圓馬など多くの噺家のお墓があるようです。

            

★当ブログのまとめサイトなどへの無断転載・使用は一切固く禁止しております。
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

関連記事

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

けん

Author:けん
戦国武将にまつわる史跡と味のある建築探訪をテーマに暇を見つけては各地を彷徨っている40代前半の会社員(オッサン)です。ノスタルジックなもの・ローカル色強いものを好む習性があります。 


※公序良俗に反していない限り基本リンクフリーですが、ブログ内全ての画像・記事の無断使用・転載はまとめサイト含め一切固くお断りさせていただいております。

月別アーカイブ

カテゴリ

にほんブログ村

にほんブログ村

タグリスト

最新記事一覧

三田城(兵庫県三田市) Aug 10, 2020
西福寺の清水五輪塔(兵庫県明石市) Aug 02, 2020
妙福寺(兵庫県丹波篠山市) Jul 17, 2020
小田垣商店(兵庫県丹波篠山市) Jul 05, 2020
河原町妻入商家群(兵庫県丹波篠山市) Jun 29, 2020

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR