FC2ブログ

Entries

谷大膳衛好の墓(兵庫県三木市)

          三木

三木城に篭る別所氏攻めの際に補給路を建つために居城平田城(砦)に布陣していた織田家の武将(秀吉の与力)谷大膳衛好は糧食などを三木城に搬入しようとする毛利方と交戦、猛将として知られた大膳は奮戦するも討ち死にします。彼の御首級は一度は室小兵衛に奪われますが乱戦の最中嫡男衛友が小兵衛を逆に討ち取り奪い返しています。

墓は衛友を藩祖とする丹波山家藩7代藩主谷衛秀が家臣福田正親に命じて造営・整備させたものです。大膳のお墓の左右には同じく討ち死にした福田正舜、弟土田小傅次、甥福田彦八良、福田孫三郎の4名の墓もありますので福田正親は彼らの子孫にあたる人物かと思われます。

         三木

                 三木


谷大膳衛好の墓
一般には毛利方の急襲を受けて混戦の中討ち死にしたとされますが異説では秀吉と喧嘩をしてプライドを傷つけられた事から無理押しをしての討ち死に説もあるようです。ちなみに息子の衛友も天下人になってからの秀吉と喧嘩をして秀吉の方が衛友の屋敷まで酒持参で謝罪に行ったという逸話もあります。


息子の衛友など山家藩主谷家の菩提寺覚応寺は記事にしています。
覚応寺 山家藩主谷家墓所(京都府綾部市)

         三木

門扉には谷家の家紋揚羽蝶。


             三木

石燈籠には山家藩家臣一同の文字が刻まれています。残念なことに左側の石燈籠には落書きがされそのままになっています。


三木市立大村小学校の北側にあるエンゼル保育園隣にある小高い山を少し昇ったところにあります。訪問の際は神戸電鉄大村駅前から何ヶ所か案内板がありますのでそれを参考にしてください。


               

★当ブログのまとめサイトなどへの無断転載・使用は一切固く禁止しております。


にほんブログ村

関連記事

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

けん

Author:けん
戦国武将にまつわる史跡と味のある建築探訪をテーマに暇を見つけては各地を彷徨っている40代前半の会社員(オッサン)です。ノスタルジックなもの・ローカル色強いものを好む習性があります。 


※公序良俗に反していない限り基本リンクフリーですが、ブログ内全ての画像・記事の無断使用・転載はまとめサイト含め一切固くお断りさせていただいております。

月別アーカイブ

カテゴリ

にほんブログ村

にほんブログ村

タグリスト

最新記事一覧

三田城(兵庫県三田市) Aug 10, 2020
西福寺の清水五輪塔(兵庫県明石市) Aug 02, 2020
妙福寺(兵庫県丹波篠山市) Jul 17, 2020
小田垣商店(兵庫県丹波篠山市) Jul 05, 2020
河原町妻入商家群(兵庫県丹波篠山市) Jun 29, 2020

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR