FC2ブログ

Entries

四天王寺①(大阪市天王寺区)

四天王寺は推古天皇元年(593)に建立されたとされ、『日本書紀』では蘇我馬子と物部守屋が合戦のおり、崇仏派の蘇我氏に付いた聖徳太子が形勢不利を打開するために自ら四天王像を彫り、「もしこの戦いに勝利したら四天王を安置する寺院を建立し、この世の全ての人々を救済する」と誓願され、勝利の後その誓いを果すために建立されたと伝わっている日本では飛鳥寺と並ぶ最も古い仏教寺院で、聖徳太子創建の寺であり特定の仏教宗派ではない全仏教的立場から和宗の総本山となっています。

          大阪

石鳥居(国指定重要文化財)
神仏習合時代の名残である鳥居は鎌倉時代の永仁2(1294)年に奈良西大寺住職で四天王寺別当でもあった忍性上人が木造の鳥居を石造に建て替えたもので、四天王寺で現存している建造物の中では最も古いものです。


         大阪

西大門(極楽門)
この地は古くは上町台地の先端で森などの障害物もなく綺麗に海へ沈んでいく夕日が見える場所であり「沈む夕日を眺めながら念仏すると極楽浄土へ行ける」という西方極楽浄土信仰と重なり四天王寺の西門は「日想観」の聖地となります。自ずと西に位置するこの門が豪華なものになっていったようです。

         
                  
         大阪

西重門(虎の門)
聖霊院前殿の門となります。


          大阪

下記に記しますがこちらは夜な夜な遊びに出掛けるために門から抜けた猫の門の猫とは違ってまじめな性格なのか、そういう逸話は全くないそうです。

         大阪

聖霊院(太子堂)前殿
創建した聖徳太子を祀っているお堂で前殿と後殿2つの建造物がらなっており、前殿には太子十六歳像・太子二歳像・四天王が祀っています。建物は先の大戦の大阪大空襲で焼失後の昭和29年に新たに再建されたもの。

          大阪

          大阪

東重殿(猫の門)
聖霊院奥殿の門でこちらはほぼ閉ざされています。こちらの門は鼠から仏教経典を守るため猫の彫刻が門を守っていることから猫の門という名で知られます。

四天王寺は大坂の陣の戦禍で大半の建物を焼失しますが、その後徳川幕府によって再建することとなります。猫の門の猫は左甚五郎作と伝わり日光東照宮の眠り猫とは対をなし大晦日には互いに鳴きあったといわれます。また浪曲や上方落語にもなっていますが、この門の猫はかなりの遊び人(猫)でしょっちゅう抜け出し夜な夜な街へ繰り出していたそうで、明治の火災の際には檀家の方が持ち出して難を逃れていますが先の大戦では逃げ出さないよう金網で囲われていたために逃げることが出来ずに焼失してしまっています。ということで現在の猫は甚五郎作の猫ではないことになります。

かつて四天王寺門前では鼠除けの御守として伏見人形の窯元で作られた猫の門の猫が売られていました。現在も丹嘉さんに型が現存していますが現在の猫よりもズングリ体型で愛嬌のある表情をしています。


            

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

関連記事

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

けん

Author:けん
戦国武将にまつわる史跡と味のある建築探訪をテーマに暇を見つけては各地を彷徨っている40代前半の会社員(オッサン)です。ノスタルジックなもの・ローカル色強いものを好む習性があります。 


※公序良俗に反していない限り基本リンクフリーですが、ブログ内全ての画像・記事の無断使用・転載はまとめサイト含め一切固くお断りさせていただいております。

月別アーカイブ

カテゴリ

にほんブログ村

にほんブログ村

タグリスト

最新記事一覧

三田城(兵庫県三田市) Aug 10, 2020
西福寺の清水五輪塔(兵庫県明石市) Aug 02, 2020
妙福寺(兵庫県丹波篠山市) Jul 17, 2020
小田垣商店(兵庫県丹波篠山市) Jul 05, 2020
河原町妻入商家群(兵庫県丹波篠山市) Jun 29, 2020

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR