FC2ブログ

Entries

了性院 草刈家墓所(山口県長門市)

           長門市

寛文5(1665)年に長州藩寄組(重臣)草刈就氏が京都妙満寺律師日英上人を招いて祖父草刈対馬守重継の50回忌を機に建立した日蓮宗の寺院で草刈氏の菩提寺です。



             


          長門市

             
           長門市

本堂


          長門市

草刈家墓所
寺の敷地内ではなく寺から数分歩いた所の小高い山の中ほどにあります。

草刈氏は元々は陸奥に出自があり足利尊氏に従いその戦功により因幡智頭に所領を与えられます。後に美作にも所領が与えられ勢力を拡大させていく過程で尼子氏と度々交戦しており、そういう関係もあって毛利家に誼を通じ関係を深めていきます。


           長門市

草刈重継の墓
対馬守 兄景継が信長との内通を理由に切腹させられたために家督を継ぎ織田方と対峙します。本能寺の変直後に秀吉と毛利方との間で講和が成立し居城であった美作高山城は宇喜多家の所領となりますが頭ごなしに先祖伝来の地を勝手に線引きされた重継はこれを不服として退去を拒否、しばらく高山城で宇喜多勢らと戦い続けますが毛利輝元からの書状でようやく開城します。その後は小早川隆景の重臣となり隆景が伊予に移ると白実城代、隆景がさらに筑前へ移ると宝満城代に任ぜられ、後に福岡城代に転じています(この頃に重継は草刈から福岡に改姓)。

また古くより北九州地方に影響力があり戦国大名化していた宗像大社80代大宮司宗像氏貞の娘を後家に迎え氏貞が亡くなり宗像氏に後継者がいなかったため朝鮮出兵での武功を理由に宗像氏の名跡を継ぐよう秀吉に命じられており、宗像大社に伝わる相伝文書は天明年間(1781~1789)に宗像大社に奉納という形で返還されるまでは草刈氏に伝来していました。


            長門市

草刈就氏の墓
この寺の開基。重継と氏貞の娘との間の子である父就継は一時期宗像姓を名乗りますが、孫就氏の代になり草刈に姓を戻しています。

小早川隆景が亡くなり草刈重継含む多くの家臣が小早川秀秋から離れ毛利家へ帰参しますが、帰り帰参ということで毛利家中で冷遇され高名な者も含め出奔するものも多かったそうです。草刈氏も寄組という長州藩重臣の席にこそ列したものの所領は300石未満と決して恵まれた待遇ではなかったように思われます。


墓所は寺の敷地外であるにも関わらずご住職など不在で場所が分からず一瞬焦りましたが長い間掃苔をしていると独特の勘というものが働くもので(笑)、寺を出て少し歩いた場所の木々の間に登るような脇道があるのを見つけそこを上っていくと開けて草刈家の墓域が広がっていました。辿り着けなければ時間と金の浪費で終わり途方に暮れるところだっただけに草刈家の方々に導かれたような感じがしましたがここで一眼レフのメモリーカードがまさかの一杯。バックアップ用にコンデジも持参していましたが一気にテンションが落ちてしまい萩へ向かうのは断念し元来た道を戻り九州へ向かうことに。

            

★当ブログのまとめサイトなどへの無断転載・使用は一切固く禁止しております。

にほんブログ村

当ブログを補完するFacebookページを始めました。よろしければご覧ください!
ぶらり歴史旅一期一会(fb版) 
関連記事

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

けん

Author:けん
戦国武将にまつわる史跡と味のある建築探訪をテーマに暇を見つけては各地を彷徨っている40代前半の会社員(オッサン)です。ノスタルジックなもの・ローカル色強いものを好む習性があります。 


※公序良俗に反していない限り基本リンクフリーですが、ブログ内全ての画像・記事の無断使用・転載はまとめサイト含め一切固くお断りさせていただいております。

月別アーカイブ

カテゴリ

にほんブログ村

にほんブログ村

タグリスト

最新記事一覧

三田城(兵庫県三田市) Aug 10, 2020
西福寺の清水五輪塔(兵庫県明石市) Aug 02, 2020
妙福寺(兵庫県丹波篠山市) Jul 17, 2020
小田垣商店(兵庫県丹波篠山市) Jul 05, 2020
河原町妻入商家群(兵庫県丹波篠山市) Jun 29, 2020

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR