FC2ブログ

Entries

禅林寺 広島藩家老上田家墓所(広島市中区)

          広島

慶長5(1600)年に広島藩主となった福島正則の招きに応じた尾張海国寺高厳和尚開山と伝わる臨済宗妙心寺派のお寺で、江戸時代は藩家老上田家の菩提寺となるなど広島藩内における臨済宗の寺院では最も高い寺格を有していました。


          広島

          広島

上田重安(宗箇)遺髪塚
従五位下主水正 茶道上田宗箇流を開いた茶人として名がありますが、丹羽長秀の家臣時代には本能寺の変直後に単身乗り込んで明智光秀の娘婿津田信澄(信長の甥)の首を刎ねるなど度胸も兼ね備えていた人物で関ヶ原の戦いまでは越前国内に1万石を領する大名でした。改易後は徳島藩主蜂須賀家政に客将として招かれ徳島城庭園を作庭するなどした後に縁戚関係にある当時和歌山藩主だった浅野幸長に招かれ家老となり大坂夏の陣などで活躍、家康からも評価されており直臣として誘われるもそれは固辞し代わりに長男重秀を仕えさせ、重秀の家系は5千石の徳川家の大身旗本に、次男重政の家系が代々広島藩家老となっています。

上田宗箇の墓は禅林寺と廿日市市串山の上田家墓所にありますがともに遺髪塚になります。頭を丸めていたのに遺髪というのは不思議ではありますが・・・。本堂前には上田家が茶道宗箇流家元でもあるためか茶筅塚も建てられています。

          広島

             広島


上田家墓所
3代重次並びに12代以降の当主の墓は廿日市市の上田家墓所にあります。原爆の爆心地から近く爆風などで吹き飛ぶなどしたため9代安虎の五輪塔以外は歴代当主の五輪塔の地輪部分のみが積み上げられる形で墓所内に安置されています。


         広島

三宅春齢(董庵)の墓
上田家の侍医で長崎の阿蘭陀商館経由で日本に入ってきた天然痘予防に有効な牛痘法を学び、広島藩内で初めて試み成果を挙げます。墓は原爆の被害でひびが入るなどしており、墓の横には彼の顕彰碑である種痘ノ碑が昭和50年に建てられています。


           

★当ブログのまとめサイトなどへの無断転載・使用は一切固く禁止しております。

にほんブログ村

関連記事

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

けん

Author:けん
戦国武将にまつわる史跡と味のある建築探訪をテーマに暇を見つけては各地を彷徨っている40代前半の会社員(オッサン)です。ノスタルジックなもの・ローカル色強いものを好む習性があります。 


※公序良俗に反していない限り基本リンクフリーですが、ブログ内全ての画像・記事の無断使用・転載はまとめサイト含め一切固くお断りさせていただいております。

月別アーカイブ

カテゴリ

にほんブログ村

にほんブログ村

タグリスト

最新記事一覧

三田城(兵庫県三田市) Aug 10, 2020
西福寺の清水五輪塔(兵庫県明石市) Aug 02, 2020
妙福寺(兵庫県丹波篠山市) Jul 17, 2020
小田垣商店(兵庫県丹波篠山市) Jul 05, 2020
河原町妻入商家群(兵庫県丹波篠山市) Jun 29, 2020

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR