FC2ブログ

Entries

神尾城跡 吉弘氏の墓(熊本県和水町)

          和水
    
神尾城(大田黒城)の詳細な築城年代は不明ですが南北朝時代には菊池氏家臣名和長宗が在城し、その後はこの地の国人領主大津山氏の持ち城となります。大津山氏は肥後から一部国境を越え筑後にまで勢力を広げ1万石を越える勢力を誇り、龍造寺隆信が肥後に侵攻してきた際には大津山資冬は本拠地大津山城を放棄しこの神尾城に拠点を移し抵抗しています。


資冬の息子大津山家稜は秀吉の九州征伐では秀吉を出迎え直々に本領安堵されますが、肥後国主となる佐々成政はそれを反故にし家稜の領地を取り上げ追放する動きを見せたことに激怒し他の国人領主たちと大規模な一揆を起こし、ここ神尾城を拠点に成政を窮地へ追い込みますが、家稜は成政との対面に臨んだ末に謀殺され、一揆も最終的には関白軍に鎮圧され大津山氏は滅亡します(家稜の息子祐直は立花宗茂に仕えたようです)。


          和水

規模は大きくありませんが堀切などがしっかりと残っています。

          和水

神尾神社


      
          和水


          和水

吉弘氏墓所
関ヶ原の戦いでは東軍に付くことを進言するも旧主大友義統に受け入れられず西軍に付き、石垣原の戦いで東軍の黒田・細川家と戦い獅子奮迅の活躍を見せるも最期は討死にした吉弘統幸(『軍師官兵衛』では的場浩司が演じた武将)の次男正久を祖とする熊本藩士吉弘家の墓所がどういうわけだかここにあります。ネット情報では正久以下5代の墓とあったのですが、現地の案内板を見る限りでは正久から数えて5代後の正直など数人の熊本藩士吉弘氏当主の墓がここにあるようです。

           和水

吉弘正直の墓
案内板によると享保7(1722)年に生まれ350石が細川家より与えられています。


          和水

吉弘正葉の墓
正直の息子です。碑文には大友氏庶流である吉弘氏の功績などが刻まれているようですが何も読めませんでした。

案内板を読む限りでは遺言でこの地に墓を建てたようですが、和水町の担当者の方にも問い合わせて伺いましたが案内板は旧三加和町時代に建てられたもので、なぜここに吉弘氏の墓があるかまでは分からないとのことでした。


山鹿から国道443号線を南関町方面へ走らせる途中にあります。駐車場は登山口から5分ほどの場所にある肥後元気村(道の駅機能あり)を利用可能。山城というレベルではなく道も整備されており苦労することはありませんが、吉弘氏の墓周辺は夏などかなり草が生い茂りそうな感じです。三加和温泉などもありますので訪れた後ひとっ風呂浴びるのもいいかもしれません。


             

★当ブログのまとめサイトなどへの無断転載・使用は一切固く禁止しております。

にほんブログ村

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

けん

Author:けん
戦国武将にまつわる史跡と味のある建築探訪をテーマに暇を見つけては各地を彷徨っている40代前半の会社員(オッサン)です。ノスタルジックなもの・ローカル色強いものを好む習性があります。 


※公序良俗に反していない限り基本リンクフリーですが、ブログ内全ての画像・記事の無断使用・転載はまとめサイト含め一切固くお断りさせていただいております。

月別アーカイブ

カテゴリ

にほんブログ村

にほんブログ村

タグリスト

最新記事一覧

三田城(兵庫県三田市) Aug 10, 2020
西福寺の清水五輪塔(兵庫県明石市) Aug 02, 2020
妙福寺(兵庫県丹波篠山市) Jul 17, 2020
小田垣商店(兵庫県丹波篠山市) Jul 05, 2020
河原町妻入商家群(兵庫県丹波篠山市) Jun 29, 2020

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR