FC2ブログ

Entries

本源寺 津山藩主森家菩提寺(岡山県津山市)

         津山

足利尊氏によって美作国の安国寺として興国元(1340)年に建立、江戸時代に入り津山藩主となった森忠政が再興し龍雲寺と寺名を改め森家の菩提寺となり、忠政の50回忌を機に現在の本源寺となっています(写真の中門は国指定重要文化財)。臨済宗妙心寺派

         
          津山

本堂(国指定重要文化財)
本源寺の伽藍は江戸時代初期には整備されており、この本堂も江戸時代初期に建てられたものです。写真はありませんが隣の庫裡も国指定重要文化財。

本源寺は津山市街西部に位置する臨済宗妙心寺派の寺院で、津山城主森家の菩提寺として慶長12年(1607)に現在の境内が整備された。境内中央に本堂が建ち東に庫裏が並ぶ。本堂北西が森家の墓所で霊屋と霊屋表門を配す。本堂は慶長12年上棟の方丈形式の本堂で、六間取を基本として北西に御座間、位牌壇を配する。正面は改造されているが、柱や梁組などの主要構造は当初の様子をよく留めている。庫裏は本堂よりやや下り、延宝(1673~1681)頃の建築とみられる。霊屋は、寛永16年(1639)建立で正面の向拝に精緻な地紋彫を施し、内部も優美に飾る。本源寺は、桃山時代の本堂を中心として、庫裏、中門、霊屋など、江戸中期までに整備された建物が残されている。地方における大名家菩提寺として建てられた臨済宗寺院建築の初期の遺構として価値が高い(文化庁文化遺産オンラインより)


         津山

津山藩主森家墓所
参拝は本来事前連絡が必要ですが直接寺を訪れて参拝させてもらっている方が多いようなので私も行ってみたのですが、あいにく不在。お寺の方が不在である以上参拝出来る・できない以前の問題でした。

墓所内の森忠政の霊屋や写真の霊屋表門も国指定重要文化財です。


         津山

長尾家墓所
福島正則三家老のひとり長尾隼人一勝(山路久之丞)の嫡男で同じく広島藩家老を務めた長尾出羽勝行などの墓。福島家改易後に森家に4500石の家老職として仕え森家改易後子孫は松江藩松平家に仕えています。

        

            

★当ブログのまとめサイトなどへの無断転載・使用は一切固く禁止しております。
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

関連記事

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

けん

Author:けん
戦国武将にまつわる史跡と味のある建築探訪をテーマに暇を見つけては各地を彷徨っている40代前半の会社員(オッサン)です。ノスタルジックなもの・ローカル色強いものを好む習性があります。 


※公序良俗に反していない限り基本リンクフリーですが、ブログ内全ての画像・記事の無断使用・転載はまとめサイト含め一切固くお断りさせていただいております。

月別アーカイブ

カテゴリ

にほんブログ村

にほんブログ村

タグリスト

最新記事一覧

三田城(兵庫県三田市) Aug 10, 2020
西福寺の清水五輪塔(兵庫県明石市) Aug 02, 2020
妙福寺(兵庫県丹波篠山市) Jul 17, 2020
小田垣商店(兵庫県丹波篠山市) Jul 05, 2020
河原町妻入商家群(兵庫県丹波篠山市) Jun 29, 2020

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR