FC2ブログ

Entries

津山高校旧本館(岡山県津山市)

         津山

岡山県立津山高校は明治28年に津山尋常中学校として設立されて120年を超える歴史を有する伝統校で、現在は県立津山中学校も併設された中高一貫高となっています。正門正面の旧本館は明治33(1900)年に竣工した岡山県内最古の学校建築で国の重要文化財の指定を受けています。


設計,施工者は不明であるが明治33年,岡山県津山中学校の新校舎として建設されたものである。 木造2階建,寄棟造,桟瓦葺の洋風建築で,屋根棟に瓦製の装飾をつける。屋根の正面中央には, 切妻造鉄板葺の軒に飾りをつけた時計台,更にその背後に一段高く,鉄板葺の塔屋を置き, 避雷針がそびえる。また,マンサード風の切妻形明かり窓が屋根の左右前後に置かれている。

軒は軒蛇腹を用い,蛇腹の下は持ち送りで支えて,型押し飾り風の装飾(デンテル模様)を配する。 壁体は下見板ペンキ塗りとし,隅に付柱を設ける。窓は1,2階ともに上下式で, ことに2階の窓の上にはアーチ型のペディメントがつけられている。 基礎はイギリスの積みレンガ造り。正面玄関の車寄せは整った外観を見せ,安山岩の切り石を敷いて, 階段には万成石風の花崗岩を用いる。正面に向かって右側の通用口の石段は花崗岩,左側は安山岩, 背面の増築された部分の現通用口には,増築前の裏口に使用されていた花崗岩が転用されている。
なお,正面玄関ドアの上部にある填め殺しの明かり取りのガラスは建築当初のものと観せられる。 内部は講堂の天井を格天井(現在はその下に板張り天井をつける)とし, 階段の手すりには彫刻を施すなど丁寧な仕上げで,当時の建築手法がうかがわれる。 ことに正面向かって左の2階の部屋の窓のすべてと,2階中央のテラスへの開き戸 (現在は改造されている)の上には特製のカーテンボックスが設けられている。 これは明治36年の皇太子殿下(大正天皇)の行啓に際して付されたものと考えられ, 殿下は2階向かって左の便殿に宛てた部屋で休息され,さらに,隣室からバルコニーへ出られ, 津山城跡など観望され,ついで衆楽園へと向かわれたという。 この間の経緯は「鶴城」から知ることができ,正面2階左室は貴賓室的な使用を意図していたものと判断できる。
建物背部の増築は,昭和10年に行われたもので,型押し風模様の装飾, レンガ積の基礎に増築の様子がわかるものの,建築の意匠を忠実に踏襲した造作となっている。 なお,型押し風模様は正面玄関にも7ヶ所,向きをかえたミニチュアサイズで用いられ, さらに階段手すりの柱にも彫り込まれていることから, シンボルマーク的な意味合いがあったのではないかと考えられる。
本校旧本館は,明治の県立中学校として唯一,県内の学校建築としても最古のもので, 近代における,美作の中等教育,岡山県の中等教育を象徴する建物である。
(岡山県立津山高校ホームページより)


            

★当ブログのまとめサイトなどへの無断転載・使用は一切固く禁止しております。
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

関連記事

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

けん

Author:けん
戦国武将にまつわる史跡と味のある建築探訪をテーマに暇を見つけては各地を彷徨っている40代前半の会社員(オッサン)です。ノスタルジックなもの・ローカル色強いものを好む習性があります。 


※公序良俗に反していない限り基本リンクフリーですが、ブログ内全ての画像・記事の無断使用・転載はまとめサイト含め一切固くお断りさせていただいております。

月別アーカイブ

カテゴリ

にほんブログ村

にほんブログ村

タグリスト

最新記事一覧

三田城(兵庫県三田市) Aug 10, 2020
西福寺の清水五輪塔(兵庫県明石市) Aug 02, 2020
妙福寺(兵庫県丹波篠山市) Jul 17, 2020
小田垣商店(兵庫県丹波篠山市) Jul 05, 2020
河原町妻入商家群(兵庫県丹波篠山市) Jun 29, 2020

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR