FC2ブログ

Entries

壬生屯所と京都鶴屋(京都市中京区)

          京都

新撰組で有名な壬生屯所。当主の八木家は但馬日下部氏の流れを汲んでおりこの家系から後に越前の守護大名となる朝倉家を輩出しています。壬生屯所の八木家も朝倉家に従い但馬から越前へ出向いたそうですが、その後壬生の地に出てきて郷士となったそうです。

郷士とは言え八木家は名が通っている名門で同じ先祖を持つ家として4千石の大身旗本(但馬)八木家なども輩出しているだけに、江戸時代を通して京都所司代や京都守護職とも関係が深かったのは当然と言えば当然とも言えるでしょうか。現在八木家住宅は京都市指定文化財として一般に公開されており、芹沢鴨暗殺の際に付いた柱の刀傷などが残されています。





      
          京都

その八木家が営んでいるのが京都鶴屋という和菓子屋さん。和菓子屋としては当代(八木家15代)が初代と、京都の和菓子屋としてみれば歴史はないのですが壬生屯所の敷地にあるということもあって比較的知名度のあるお店で全国でも数軒しか作っていない南蛮渡来の鶏卵素麺などを作っておられます。


          京都

壬生の郷
壬生の郷は古くは一面菜の花畑が広がっていた壬生の地の景色を模った棹もの菓子で、外側はそぼろ状の村雨地で中に粒餡が入っており、さらに粒餡の中に看板商品であるその鶏卵素麺を入れて菜の花に見立てているものです。

私は鶏卵素麺のかなり甘く砂糖蜜のベタベタ感が苦手なんですが、この壬生の郷の中に入っている鶏卵素麺はかなりパサパサしているのですが水分が飛んだからか鶏卵素麺独特のベタベタする甘ったるさがなく卵黄の甘味だけがしっかりと出ています。餡や村雨地も甘すぎることはなくサッパリしています。近藤勇や土方歳三、沖田総司などが活躍した時代の壬生の風景を想いながら食べるのもいいのではないでしょうか。



【京都鶴屋】
京都市中京区壬生梛ノ宮町24
08:00~19:00(月~土)
08:00~18:00(日・祝)

             

            
★当ブログのまとめサイトなどへの無断転載・使用は一切固く禁止しております。
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

関連記事

コメント

[C261] 花より団子

花より団子で、ごめんなさい。。

屯所と書けば「屯所餅」
壬生菜入りという、そのお餅を食べてみたかったのですが、箱売りしかなんて断念したのは何年前でしょう。
いまだに、後悔。

三宅八幡宮の「はと餅」も同じくです。。

けんさんは、当然箱入りで求めて、食されているのでしょうね。

[C262] yumeさん

まずは単品での販売がないかを聞きます。さすがに1個だけというのは申し訳ないですから3個ぐらいかな、また何種類か食べてみたいお菓子があるお店なら詰め合わせという形にしてもらったりしています。それが出来ないなら諦めて一箱買い同僚や家族などに協力してもらいます(笑)

 

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

けん

Author:けん
戦国武将にまつわる史跡と味のある建築探訪をテーマに暇を見つけては各地を彷徨っている40代前半の会社員(オッサン)です。ノスタルジックなもの・ローカル色強いものを好む習性があります。 


※公序良俗に反していない限り基本リンクフリーですが、ブログ内全ての画像・記事の無断使用・転載はまとめサイト含め一切固くお断りさせていただいております。

月別アーカイブ

カテゴリ

にほんブログ村

にほんブログ村

タグリスト

最新記事一覧

三田城(兵庫県三田市) Aug 10, 2020
西福寺の清水五輪塔(兵庫県明石市) Aug 02, 2020
妙福寺(兵庫県丹波篠山市) Jul 17, 2020
小田垣商店(兵庫県丹波篠山市) Jul 05, 2020
河原町妻入商家群(兵庫県丹波篠山市) Jun 29, 2020

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR