FC2ブログ

Entries

旧明石競馬場跡を辿る(兵庫県明石市)

明石で生まれ育った人でも明石に競馬場があったことを知る人は少ないと思います。それもそのはず、山陽電車の前身宇治川電気の系列会社が昭和3(1928)年に旅客誘致目的で開設し以降年2回各3日間開催し毎回数万人を集めるも戦争の影が忍び寄り始めた昭和13年に軍馬資源保護法などの影響もあり廃止となった幻の競馬場です。

明石競馬場のあった場所は山陽電車藤江駅の北側の現在は藤が丘と言われる一帯。戦後は川崎重工の社宅などが立ち並ぶ住宅地となり、唯一の遺構とも言えた競馬場馬券売り場の建物を転用した藤江駅の天井の高い木造駅舎も昭和60年頃には建て替えられてしまいました。


ただ何分資料が少ない上に現在は住宅街となっているため断定は出来ないのですが、検索すると複数の方がほぼ同じコースを推測されていましたので辿ってみました。


         明石

藤江駅を出て商店が数店舗並んでいる道を北に2分ほど歩くと派出所や消防団車庫・郵便局などがある藤が丘の中心部にロータリーがあります。恐らくこのロータリーも競馬場の何らかの名残であった可能性があるように思われます。


         明石

         明石

西側の第1・第2コーナーは住宅地となり痕跡を辿ることはできませんが明姫幹線(国道250号線)沿いの第3コーナーから4コーナーにかけては緩やかなカーブが現在の道路と合致します。

          明石

最終コーナーを回った直線区間がこの付近と推測されます。


          明石

ゴール地点は金井酒店のある場所付近と推測されますが金井酒店も閉店したんですねぇ・・・。この界隈には私が子供の頃はテーラーなどもあったりしたんですが、住宅は多く建ち並ぶも久々に歩いた土曜の昼間は人通りもあまりない地区になっていました。特に子供の姿が児童公園にも見当たらないのは寂しいですね、今はボール遊び禁止の公園も多いですから。


★当ブログのまとめサイトなどへの無断転載・使用は一切固く禁止しております。
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

関連記事

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

けん

Author:けん
戦国武将にまつわる史跡と味のある建築探訪をテーマに暇を見つけては各地を彷徨っている40代前半の会社員(オッサン)です。ノスタルジックなもの・ローカル色強いものを好む習性があります。 


※公序良俗に反していない限り基本リンクフリーですが、ブログ内全ての画像・記事の無断使用・転載はまとめサイト含め一切固くお断りさせていただいております。

月別アーカイブ

カテゴリ

にほんブログ村

にほんブログ村

タグリスト

最新記事一覧

三田城(兵庫県三田市) Aug 10, 2020
西福寺の清水五輪塔(兵庫県明石市) Aug 02, 2020
妙福寺(兵庫県丹波篠山市) Jul 17, 2020
小田垣商店(兵庫県丹波篠山市) Jul 05, 2020
河原町妻入商家群(兵庫県丹波篠山市) Jun 29, 2020

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR