FC2ブログ

Entries

建勲神社(京都市北区)

明治2年に織田信長を讃えるために明治天皇の御下命により創建が決定、明治8年に別格官幣社に列せられ現在の船岡山に社地を賜り明治43年に船岡山山麓から現在の山頂に社殿が移築されています。祀神は織田信長・信忠親子。信長の家臣だった太田牛一が記した『信長公記』(国重要文化財)を所蔵していることでも知られています。







         京都

大鳥居(国登録有形文化財)
船岡山山麓、船岡東通に東面して建つ。木造の明神鳥居で幅5.5m高さ7.2mに及ぶ。礎石上に円柱を建て、貫と嶋木、笠木で固める。材は台湾阿里山産の檜で、素木のままとする。大規模で、笠木も大きく反り、神域の荘厳な結界を構成する。


          京都

拝殿(国登録有形文化財)
本殿の東方に位置する吹放ちの拝殿。桁行2間梁間3間で、四周に切目縁をまわす。入母屋造妻入檜皮葺で、妻を木連格子とする。面取方柱で、柱上に舟肘木を置き、軒は二軒疎垂木。拭板敷で、折上小組格天井を張る。軒反の大きい優美な外観になる。


          京都

祝詞舎(国登録有形文化財)
本殿の前方に位置する。桁行1間梁間1間で、前寄り柱筋に両開戸をたてる。切妻造妻入檜皮葺。円柱で、柱上に舟肘木を置き、内法貫や虹梁、桁で固める。梁行中備に蟇股を置き、妻は豕叉首。緩い起り屋根に、一軒疎垂木とし、穏やかな表情を見せる。


           京都

社務所(国登録有形文化財)
貴賓館の西北に南面して建ち、廊下などを介して繋がる。入母屋造桟瓦葺で、玄関正面にこけら葺庇を付ける。中央東寄りの玄関土間を挟んで、東に旧宿直室、西に事務室、その西に旧宮司室を設ける。内法が高く、その上に小振りな屋根が載り、軽快な外観をなす。


           京都

貴賓館(国登録有形文化財)
拝殿の東方に位置する。南北棟の入母屋造桟瓦葺で、緩やかな起りになる切妻造桟瓦葺の車寄を西面して付ける。桁行3間半梁間4間半で、南・東・西3方に跳高欄付切目縁をまわす。洛北から東山を望む、瀟洒な近代和風建築。

(以上各建造物の説明は文化庁文化遺産オンラインより)

建勲神社の建物は本殿・渡廊・透塀・祝詞舎・拝殿・神饌所・手水舎・祭器庫・社務所・貴賓館・大鳥居が平成8年国の登録有形文化財に登録されています。


これまで何度か建勲神社に足を運んでいますが『信長公記』が公開されていた時以外はいつも見るからに温厚そうな宮司さん以外誰とも会ったことがなかったのですが、今回はっきり言うと刀剣乱舞の影響でしょう、若い女性がウヨウヨ。刀剣乱舞絡みで京都の4寺社がそれぞれ所縁ある刀剣の御朱印帳などを限定授与しているとかで皆それが目当てのようです。また社務所前に誰かのサインがあるとかでキャーキャー言いながら記念撮影したりとやや異質なものを感じてしまった今回の建勲神社でした。

            

★当ブログのまとめサイトなどへの無断転載・使用は一切固く禁止しております。

にほんブログ村

関連記事

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

けん

Author:けん
戦国武将にまつわる史跡と味のある建築探訪をテーマに暇を見つけては各地を彷徨っている40代前半の会社員(オッサン)です。ノスタルジックなもの・ローカル色強いものを好む習性があります。 


※公序良俗に反していない限り基本リンクフリーですが、ブログ内全ての画像・記事の無断使用・転載はまとめサイト含め一切固くお断りさせていただいております。

月別アーカイブ

カテゴリ

にほんブログ村

にほんブログ村

タグリスト

最新記事一覧

三田城(兵庫県三田市) Aug 10, 2020
西福寺の清水五輪塔(兵庫県明石市) Aug 02, 2020
妙福寺(兵庫県丹波篠山市) Jul 17, 2020
小田垣商店(兵庫県丹波篠山市) Jul 05, 2020
河原町妻入商家群(兵庫県丹波篠山市) Jun 29, 2020

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR