FC2ブログ

Entries

高槻市立しろあと歴史館『北摂の豊臣武将郡主馬-大阪の陣と高槻-』展

          高槻

高槻城跡にある高槻市立しろあと歴史館で7月16日より9月4日まで開催されている企画展『北摂の武将郡主馬-大阪の陣と高槻-』展を観てきました。観覧は無料、企画展というよりも企画コーナーと言った方がいいぐらい規模は小さいですが郡兵太夫・主馬など郡氏の資料は戦国武将好きにとっては興味湧き立てられ、また今年の大河ドラマ『真田丸』も意識した展示内容ともなっているので『真田丸』を観ている人にとっても今後の予習にもなる企画展のように思います。


          高槻


郡主馬とは豊臣家の旗奉行で大坂夏の陣最終決戦で自刃した郡主馬首宗保(良列)のこと。大坂の陣時は3千石を領した70歳近い老将で、大坂の陣を扱った司馬遼太郎氏の長編小説『城塞』などでは切腹の場面など数ヶ所にその名が記されていますが一般的には決して有名な武将ではありません。ただ一族の末裔が高槻藩士となり資料が現在まで伝わっており、主馬が切腹する際に使った短刀を旧知の間柄であった黒田長政に遺品として手渡すよう伝えたというエピソードなども紹介されていました。それに加え高槻藩主土岐氏・永井氏と大坂の陣との関わりもほんの少しですが触れられている構成となっています。


唯一残念だったことが図録・リーフレット類の販売がなかったこと。しろあと歴史館は過去特別展は図録、企画展でも10ページ程度のリーフレットを製作しているだけに今回もあるのではと期待したのですがありませんでした(出品目録は用意されています)。なお郡氏関連の資料は今回も展示されている主馬の養父郡兵太夫と主馬の肖像画などが掲載されている『発掘 戦国武将伝- 高山右近の生涯』展図録に掲載されていますのでご興味ある方はそちらを購入するのもいいかと思います。


            

★当ブログのまとめサイトなどへの無断転載・使用は一切固く禁止しております。

にほんブログ村


関連記事

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

けん

Author:けん
戦国武将にまつわる史跡と味のある建築探訪をテーマに暇を見つけては各地を彷徨っている40代前半の会社員(オッサン)です。ノスタルジックなもの・ローカル色強いものを好む習性があります。 


※公序良俗に反していない限り基本リンクフリーですが、ブログ内全ての画像・記事の無断使用・転載はまとめサイト含め一切固くお断りさせていただいております。

月別アーカイブ

カテゴリ

にほんブログ村

にほんブログ村

タグリスト

最新記事一覧

三田城(兵庫県三田市) Aug 10, 2020
西福寺の清水五輪塔(兵庫県明石市) Aug 02, 2020
妙福寺(兵庫県丹波篠山市) Jul 17, 2020
小田垣商店(兵庫県丹波篠山市) Jul 05, 2020
河原町妻入商家群(兵庫県丹波篠山市) Jun 29, 2020

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR