FC2ブログ

Entries

大黒屋(三重県亀山市)

         亀山

旧東海道の宿場町・城下町であった三重県亀山市。今でも古い町並みがお隣関宿ほどの規模ではありませんが残っています。今ではシャープ亀山工場、俗に言う亀山ブランドの方で知名度があるでしょうか。ただ四日市と津をほぼ直線に結ぶ国鉄伊勢線(現伊勢鉄道)開業で特急などが通らなくなった亀山駅前は相変わらず寂れ気味のままです。


店頭には御菓子司などの文字は一切見つけることが出来ず、辛うじて菓子名の書かれた張り紙が無ければ和菓子屋さんだと誰も気付かないはずです。ただご主人に伺ったところ100年少しの歴史があるんだそう。ご主人はボクシング元世界王者平仲明信のような髭を蓄えた年の頃40前後でしょうか?一瞬近寄りがたい風貌ですが、話し方はすごく優しい感じです。


         亀山

大黒屋さんの看板商品は注文を受けてから焼き上げるというみたらし団子だそうですが、店を伺った時間帯が早すぎたのかまだ焼き上げるまでの段階ではなかったようです。と言うことで、今回は酒まんじゅう黒糖まんじゅうの2種類を購入して帰ってきました。

黒糖まんじゅうはごくごく普通の黒糖饅頭でしたが、酒まんじゅうの方は甘さはもちろん控えめな漉し餡に酒に浸したようなまろやかな風味が活きています。皮から餡が透けているようにどちらかと言えば薄皮饅頭と呼んだ方がいいかもしれませんが、酒饅頭でもここまでお酒の雰囲気を感じる酒饅頭はそうはないかも知れません。酒好きは間違いなく満足できるように思いますし、下戸でも決して酔うことはありません。夏はカキ氷・冬は大判焼きやぜんざいなどもあるそうでイートインスペースもありますので、旧東海道散策途中の茶店感覚で利用も出来そうなお店です。

【大黒屋】
亀山市御幸町239
TEL0595-82-0635
08:00 am 18:00
木曜休み




コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

けん

Author:けん
戦国武将にまつわる史跡と味のある建築探訪をテーマに暇を見つけては各地を彷徨っている40代前半の会社員(オッサン)です。ノスタルジックなもの・ローカル色強いものを好む習性があります。 


※公序良俗に反していない限り基本リンクフリーですが、ブログ内全ての画像・記事の無断使用・転載はまとめサイト含め一切固くお断りさせていただいております。

月別アーカイブ

カテゴリ

にほんブログ村

にほんブログ村

タグリスト

最新記事一覧

三田城(兵庫県三田市) Aug 10, 2020
西福寺の清水五輪塔(兵庫県明石市) Aug 02, 2020
妙福寺(兵庫県丹波篠山市) Jul 17, 2020
小田垣商店(兵庫県丹波篠山市) Jul 05, 2020
河原町妻入商家群(兵庫県丹波篠山市) Jun 29, 2020

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR