FC2ブログ

Entries

明石のマンホール(兵庫県明石市)

私は特にマンホーラーではないのですが、それでも全国各地を旅しているとその土地らしい図柄のマンホールが最近多く目に付き少し道端で立ち止まって見てしまうことも多いです。

         明石

明石市のマンホールは日本標準時の街らしく明石市立天文科学館と子午線の図柄で、今回初めて知ったのですが明石のマンホール蓋は全てデザインに合わせて北を向くように設置されているんだとか。


              明石

今回なぜマンホールを記事にしたのかというと、11月2日(いい蓋)より明石市のマンホールストラップが発売になったからです。商品モチーフになったのは蓋デザインの一部が白色で、明石市立天文科学館のツイッターによるとこの白タイプは市内でも天文科学館の入り口に設置されているたった一つという希少種だそうです。

          明石

ストラップは“おすい”ですが、モチーフとなった蓋は“合流”となっていますね。1枚目は市内を歩けばよく出会うマンホールの写真で区別が一見付きにくいですが、天文科学館前のものはより白色が強調されています。


ストラップにはキーホルダーも付いておりマンホール部分はラバー製ではなく亜鉛合金なので意外と重量感もあります。マンホーラーでなくとも明石らしい図柄なので明石を訪れた記念のおひとついかがでしょうか?と観光協会の人間のようになっておりますが(笑)

明石観光協会・明石駅観光案内所(JR・山陽電車明石駅構内)・明石市立天文科学館ミュージアムショップで432円で販売しています。明石城のある明石公園内のマンホールは明石城と桜デザインと今回のものとは違うデザインなので早くも第2弾として明石城バージョンも期待したいところです。


★当ブログのまとめサイトなどへの無断転載・使用は一切固く禁止しております。
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

関連記事

コメント

[C263] マンホーラー

「マンホーラー」という言葉があるんですね(笑)

私も特に狙ってマンホールを探しているわけではありませんが、旅先ではつい、マンホールを見て写真撮ってしまいます。

明石の天文台。駅からよーく見えてるのに、まだ一度も行ったことないんですよ。
春の(冬は忙しいから)青春18切符で訪れてキーほーだー購入しましょうかねぇ。
また明石焼きも食べたいし♪

[C266] yumeさん

全国各地巡っておられる方も多いようですし、自治体もマンホールカードを作成したりと今秘かなブームのようです。


明石周辺で春だとイカナゴの新子漁解禁の時期が一番お薦めです。新子の釜揚げをご飯に載せて丼にすれば最高ですよ^^

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

けん

Author:けん
戦国武将にまつわる史跡と味のある建築探訪をテーマに暇を見つけては各地を彷徨っている40代前半の会社員(オッサン)です。ノスタルジックなもの・ローカル色強いものを好む習性があります。 


※公序良俗に反していない限り基本リンクフリーですが、ブログ内全ての画像・記事の無断使用・転載はまとめサイト含め一切固くお断りさせていただいております。

月別アーカイブ

カテゴリ

にほんブログ村

にほんブログ村

タグリスト

最新記事一覧

三田城(兵庫県三田市) Aug 10, 2020
西福寺の清水五輪塔(兵庫県明石市) Aug 02, 2020
妙福寺(兵庫県丹波篠山市) Jul 17, 2020
小田垣商店(兵庫県丹波篠山市) Jul 05, 2020
河原町妻入商家群(兵庫県丹波篠山市) Jun 29, 2020

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR