FC2ブログ

Entries

慈光寺 伊東義祐の墓(堺市堺区)

         堺

本願寺蓮如上人に深く帰依した楠木正成のひ孫に当たる楠木太郎左衛門正吉(楠木正勝の子)が出家し圓二坊賢知の法号を授けられ文明5(1473)年に開いた浄土真宗本願寺派の寺院で(創建は文明7年説も)、圓二坊は蓮如の教化を多いに援け紺屋道場と称された格式の高いお寺で最盛期には全国各地に二百を超える末寺を抱えていました。


          堺

本堂


          堺

伊東義祐の墓
従三位下修理太夫 大膳太夫 一時は日向一国をほぼ統一するも室町幕府相伴衆となったことで京の煌びやかな文化に傾倒し徐々に国を傾かせてしまい薩摩の島津に敗れ、救援を求めた大友家も耳川の戦いで島津に惨敗を喫したことで九州を離れ流浪の身となります。父と共に国を脱した息子の祐兵は遠い縁を頼って織田信長に仕官し羽柴秀吉の与力として仕えることになりますが、義祐自身は従三位という高い位を持つ自分が卑賤の出である秀吉などとは会えないと最後まで拒否、その後は旧臣の伝を頼るなどし全国各地を流浪しますが病を得たために河内に所領を与えられた祐兵の元を訪れようとするも船内で衰弱し船頭に砂浜に捨て置かれるという栄枯盛衰を地で行く人生を送った末に亡くなっています。奇跡的にも祐兵の正室(家臣説も)に浜で倒れているところを発見され祐兵の堺屋敷で看病の末に亡くなったのが唯一の救いといえるでしょうか。

祐兵はその後九州征伐で道案内役を兼ねた先鋒を務め戦功を挙げ、旧領飫肥に6万石あまりを与えられ大名復帰し代々飫肥藩主として続いていきます。義祐の墓は祐兵以降歴代藩主や一門の国許の菩提寺であった旧報恩寺(明治の廃仏毀釈で廃寺)にもあります。
旧法恩寺跡 飫肥藩主伊東家墓所(宮崎県日南市)

戦前まで義祐の肖像画などが寺に伝わっていましたが戦災で焼失、堺市が焼失前に記録撮影していたものが堺市図書館に保存されているようです。





             

★当ブログのまとめサイトなどへの無断転載・使用は一切固く禁止しております。

にほんブログ村

当ブログを補完するFacebookページを始めました。よろしければご覧ください!
ぶらり歴史旅一期一会(fb版) 



関連記事

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

けん

Author:けん
戦国武将にまつわる史跡と味のある建築探訪をテーマに暇を見つけては各地を彷徨っている40代前半の会社員(オッサン)です。ノスタルジックなもの・ローカル色強いものを好む習性があります。 


※公序良俗に反していない限り基本リンクフリーですが、ブログ内全ての画像・記事の無断使用・転載はまとめサイト含め一切固くお断りさせていただいております。

月別アーカイブ

カテゴリ

にほんブログ村

にほんブログ村

タグリスト

最新記事一覧

三田城(兵庫県三田市) Aug 10, 2020
西福寺の清水五輪塔(兵庫県明石市) Aug 02, 2020
妙福寺(兵庫県丹波篠山市) Jul 17, 2020
小田垣商店(兵庫県丹波篠山市) Jul 05, 2020
河原町妻入商家群(兵庫県丹波篠山市) Jun 29, 2020

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR