FC2ブログ

Entries

かん袋(堺市堺区)

          堺

元徳元(1329)年創業という堺屈指の老舗で、豊臣秀吉の時代の当主和泉屋徳左衛門が他の堺の商人納屋衆ともども献金の礼に秀吉に城に呼ばれた際に天守閣の瓦を一枚一枚職人たちが運び上げている光景を見た徳左衛門は餅造りで鍛えた腕力を活かし作業に参加、瓦を一枚ずつ屋根へ放り投げその瓦が春風に煽られて紙袋がひらひらと舞い散るように屋根に上がる光景を見た秀吉が「かん袋(紙袋)が散る様に似ている」と賞賛し、かん袋の屋号を与えたといいます。この店は紙袋ということになります(笑)



          堺

くるみ餅
室町時代に5代目和泉屋忠兵衛が売り出したこの店の看板商品。くるみ餅という名前ですが胡桃はまったく関係なく餅を包む意でくるむ餅→くるみ餅です。緑色のとろっとした餡の中に白玉のようなお餅が入っておりネットなどではずんだ餡と書いてあるのを複数見かけますが、それが一体何なのかは一切公表されていません。

ちなみに販売している商品はこのくるみ餅と氷くるみ餅(くるみ餅の入ったかき氷)のみ。日持ちもしないので地方発送不可とお店に行かねば食べること・買うことができないお菓子です。


         堺

湊焼窯元の津塩家が製作を止めて長らく廃絶していた堺を代表する郷土玩具南蛮人形を数年前にかん袋のご主人が作り始めたもの。あくまで趣味として作ってお店で頒布していたようですがBRUTASなどに紹介されたりもしました。残念ながら現在は製作を止められたそうです。

            

★当ブログのまとめサイトなどへの無断転載・使用は一切固く禁止しております。
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

当ブログを補完するFacebookページを始めました。よろしければご覧ください!
ぶらり歴史旅一期一会(fb版) 

関連記事

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

けん

Author:けん
戦国武将にまつわる史跡と味のある建築探訪をテーマに暇を見つけては各地を彷徨っている40代前半の会社員(オッサン)です。ノスタルジックなもの・ローカル色強いものを好む習性があります。 


※公序良俗に反していない限り基本リンクフリーですが、ブログ内全ての画像・記事の無断使用・転載はまとめサイト含め一切固くお断りさせていただいております。

月別アーカイブ

カテゴリ

にほんブログ村

にほんブログ村

タグリスト

最新記事一覧

三田城(兵庫県三田市) Aug 10, 2020
西福寺の清水五輪塔(兵庫県明石市) Aug 02, 2020
妙福寺(兵庫県丹波篠山市) Jul 17, 2020
小田垣商店(兵庫県丹波篠山市) Jul 05, 2020
河原町妻入商家群(兵庫県丹波篠山市) Jun 29, 2020

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR