Entries

人吉を歩く

          人吉
 

         人吉

鎌倉時代成立直後に遠江国より源頼朝の命で人吉に下向し廃藩置県までの間700年近くこの地を治めた相良家の居城人吉城。過去記事にしているので詳細は割愛。

         人吉

         人吉

芳野旅館(国指定登録有形文化財)
明治42年創業の温泉旅館で建物は初代女将の実家である人吉藩御殿医安藤家の屋敷を利用したものだそうです。

山田川西岸の敷地北寄りに建つ。木造二階建、建築面積四五四平方メートル、入母屋造桟瓦葺で、北面に入母屋造の玄関を構える。下階を玄関ホールと客室、上階に大広間を配する。内部造作に、舟運に因む舟板や水車の古材を転用するなど風情あるつくりとする(文化庁文化遺産オンラインより

     
         人吉

堤温泉
和風建築の銭湯。人吉市中心部は温泉街であり芳野旅館や人吉旅館といった国登録文化財であるややお高めの温泉旅館もあれば、堤温泉のような銭湯もまだ複数店営業しています。

         人吉

久留米屋
人吉城からまっすぐ下ると信号前にある久留米絣などを扱う呉服店のようです。建物は洋風の意匠が取り入れられていますが情報が何もないので古いものなのか新しいものなのか判断つかず。


温泉街なので街中はスナックなど飲み屋が多いのも人吉の街の特徴です。本当はもう少し写真を撮りたかったんですが肥薩線で先に進むため人吉駅へ引き返します。乗車予定の列車に乗り遅れると次の列車は3時間少し後までありません。



             

★当ブログのまとめサイトなどへの無断転載・使用は一切固く禁止しております。
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村    

当ブログを補完するFacebookページを始めました。よろしければご覧ください!
ぶらり歴史旅一期一会(fb版) 


関連記事

コメント

[C292] 人吉温泉

私は人吉の小さな旅館に泊まりました。
個人の小さな宿でしたが、大変よくしてくださいました。

近くに 新温泉という公衆温泉があり 友達と大変満足して入りました。
今も健在でしょうか? もうないかもしれませんね。

http://michiyo0520.blog20.fc2.com/blog-entry-1874.html

[C294] yumeさん

新温泉は私も一度行ってみたい銭湯なんです。
今回は午前中にいさぶろう号で吉松に抜けたので行けませんでしたが、
事前に調べた限りでは営業されていると思います。

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

けん

Author:けん
戦国武将にまつわる史跡と味のある建築探訪をテーマに暇を見つけては各地を彷徨っている40代前半の会社員(オッサン)です。ノスタルジックなもの・ローカル色強いものを好む習性があります。 


※公序良俗に反していない限り基本リンクフリーですが、ブログ内全ての画像・記事の無断使用・転載はまとめサイト含め一切固くお断りさせていただいております。

月別アーカイブ

カテゴリ

twitter

にほんブログ村

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

トーハクねこシリーズ

にほんブログ村

タグリスト

最新記事一覧

有川家住宅(滋賀県彦根市) Nov 19, 2017
鳥居本本陣寺村家(滋賀県彦根市) Nov 16, 2017
百々家住宅(滋賀県彦根市) Nov 13, 2017
中山道鳥居本宿の風景(滋賀県彦根市) Nov 11, 2017
近江鉄道鳥居本駅(滋賀県彦根市) Nov 04, 2017

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR