FC2ブログ

Entries

中山道鳥居本宿の風景(滋賀県彦根市)

          彦根

江戸日本橋より数えて中山道63番目の宿場町である鳥居本宿は1.4kmの中に本陣1、脇本陣2、問屋場1、旅籠35軒を抱え、彦根城下に通じる朝鮮人街道(将軍家専用の街道で大名は参勤交代での利用を禁じられていた。江戸へ向かう朝鮮通信使も利用したのでその名がある)が分岐していました。

          彦根  

脇本陣及び問屋を務めた高橋家。本陣を務めた寺村家については後日記事にします。


          彦根

赤玉神教丸本舗 
鳥居本宿で有名だったのが薬で、旅人たちの常備薬として赤い丸薬の神教丸は偽物が出回るほどでした。今も赤玉神教丸は万治元(1658)年創業の赤玉神教丸本舗有川家が製造販売を続けています。江戸中期に建てられている有川家の建物などは国の重要文化財に指定されていますのでまた後日改めてご紹介します。  


           彦根

          彦根

合羽所木綿屋
薬と並んで鳥居本宿の名物が合羽でした。享保5(1720)年に馬場弥五郎という人がそれまで菜種油を使用していたものを保温・防水防湿性の高い柿渋を使った新たな合羽を売り出し、山越えの多い中山道を行き交う人々の間で評判を呼び複数の店が軒を並べました。合羽型の古い吊り看板が街道宿場町の景色を引き立てています


           彦根

合羽所松屋
同じく合羽を扱っていたお店。こちらにも木製の合羽型看板があります。

          彦根

           彦根

湖東焼自然斎旧宅
元旅籠の米屋だった建物で営んでいた治平が湖東焼の窯を開きます。治平は号を自然斎といい丸山派風の筆致の優れた作品を多く作ったそうです。

★当ブログのまとめサイトなどへの無断転載・使用は一切固く禁止しております。
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村    

当ブログを補完するFacebookページを始めました。よろしければご覧ください!
ぶらり歴史旅一期一会(fb版) 



関連記事

コメント

[C324] 鳥居本宿

いい雰囲気で 街道・宿が残っていますね。

[C325] yumeさん

昔ながらの建物が鳥居本にはまだ残っていました。観光地化もしていないので旧宿場町の落ち着いた風情が楽しめると思いますよ(^o^)
  • 2017-12-10 19:31
  • けん
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

けん

Author:けん
戦国武将にまつわる史跡と味のある建築探訪をテーマに暇を見つけては各地を彷徨っている40代前半の会社員(オッサン)です。ノスタルジックなもの・ローカル色強いものを好む習性があります。 


※公序良俗に反していない限り基本リンクフリーですが、ブログ内全ての画像・記事の無断使用・転載はまとめサイト含め一切固くお断りさせていただいております。

月別アーカイブ

カテゴリ

にほんブログ村

にほんブログ村

タグリスト

最新記事一覧

三田城(兵庫県三田市) Aug 10, 2020
西福寺の清水五輪塔(兵庫県明石市) Aug 02, 2020
妙福寺(兵庫県丹波篠山市) Jul 17, 2020
小田垣商店(兵庫県丹波篠山市) Jul 05, 2020
河原町妻入商家群(兵庫県丹波篠山市) Jun 29, 2020

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR