FC2ブログ

Entries

木村書店(兵庫県明石市)

          明石

すでに私個人のFacebookでは触れましたが明石の銀座通りにある木村書店が今年いっぱいで83年の歴史に幕を閉じます。ということで最後のお別れではありませんが行ってきました。

閉店する事は数週間ぐらい前に親からLine伝いに聞いていましたが今週には神戸新聞読売新聞にも記事が載り、その日のお昼過ぎの一瞬ながらヤフーニュースのトップになっていたのには少々驚かされました。私にとって木村書店は幼稚園~中学生ぐらいまで本を取り寄せていた馴染みのある本屋さんで、子供の頃は明石百貨店(現在のらぽす)に支店を構えるなど明石で一番規模の大きな書店でした。大学生以降は明石駅は通り過ぎる駅となり社会人になってからは転勤で関西から離れることもあり現在神戸在住と、木村書店で本を購入する機会はたまに明石駅界隈の史跡巡り途中に立ち寄りMeets系雑誌を買うぐらいでしたが子供の頃からあるのが当たり前だった(それも毎月本を買っていた)店が無くなるというのは思い出がもぎ取られるようで辛いものがあります。


          明石

一昨年にある方のブログをたまたま見るまでは幼い頃から見てきた当たり前すぎる景色のためこれまでは注意深く見たことがなかったのですが、よく見ると建物側面にはスクラッチタイルが貼られ丸型の謎の意匠と細かな部分にハイカラな匂いを感じます。また外観からは想像付きませんがうなぎの寝床のように奥行きがあり2階にも本が並んでいました。

また今年明石とゆかりの深い作家稲垣足穂が没後40年ということで彼の名をちらほら名前を目にする機会があったのですが、足穂が明石の歴史や文化を描いた『明石』の再版元がこの木村書店であることを知り出版もしてたことを初めて知りました。さらに初代が歌人であり郷土史に力を入れるなど明石の文化情報発信の担い手であったことも。そういうお店が姿を消すということは時代の流れの一言では片づけられない後々の街にとって大きな損失になるような気がしてなりません。



              

★当ブログのまとめサイトなどへの無断転載・使用は一切固く禁止しております。
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村    

当ブログを補完するFacebookページを始めました。よろしければご覧ください!
ぶらり歴史旅一期一会(fb版) 




関連記事

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

けん

Author:けん
戦国武将にまつわる史跡と味のある建築探訪をテーマに暇を見つけては各地を彷徨っている40代前半の会社員(オッサン)です。ノスタルジックなもの・ローカル色強いものを好む習性があります。 


※公序良俗に反していない限り基本リンクフリーですが、ブログ内全ての画像・記事の無断使用・転載はまとめサイト含め一切固くお断りさせていただいております。

月別アーカイブ

カテゴリ

twitter

にほんブログ村

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

トーハクねこシリーズ

にほんブログ村

タグリスト

最新記事一覧

知恩院(京都市東山区) Apr 20, 2019
永運院(京都市左京区) Apr 14, 2019
西翁院(京都市左京区) Apr 13, 2019
金戒光明寺(京都市左京区) Apr 09, 2019
真正極楽寺 斎藤利三・海北友松の墓(京都市左京区) Apr 07, 2019

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR