FC2ブログ

Entries

知恩院(京都市東山区)

          京都

浄土宗総本山である知恩院は浄土宗開祖法然上人が承応5(1155)年に比叡山を下りてこの地にて結んだ草庵を創建年としています。徳川(松平)家の宗旨が浄土宗であったことから写真の三門や御影堂など多くの建物が家康など徳川将軍家によって建てられています。


          京都

御影堂(国宝)
寛永16(1639)年に徳川家3代将軍家光により建立。訪れたのは昨年6月ということで御影堂は平成24年から行われている修復工事の真っ最中でした。

本堂(御影堂)は,寛永10年(1633)焼失後,徳川家光によって寛永16年(1639)に建立された。桁行11間,梁間9間,入母屋造,本瓦葺の建物である。全体として外観は和様でまとめ,内部は禅宗様の巧みな技法を駆使して柱が林立した空間をつくり,浄土宗本堂の建築的特徴を最大限にあらわしている

           京都


集会堂(国指定重要文化財)
寛永12(1635)年に建立され御影堂とは渡り廊下で結ばれています。御影堂が修復工事中は御本尊が移され仮の御影堂となっています。


            京都

勢至堂(国指定重要文化財)
御影堂などよりも高い位置にありかなりの階段を上ったところにあります。法然上人が庵を開いた知恩院発祥の地であり現在の建物は享禄3(1530)年に再建された七間四面単層入母屋造本瓦葺、桁行21メートル、梁行20メートルの知恩院の建物の中では最古の建造物です。

           京都

濡髪大明神
御影堂が建ったことで住み家を追われたキツネが第32世雄譽霊巌上人のもとに童子の姿に化けて現れ住み家をどうにかして欲しいとお願いし、代わりに用意してもらったのがこのお社で濡髪という名は童子に化けていた時に髪が濡れていたことに由来するそうです。 元々は火災除けの神様ですが濡髪が艶やかな女性の姿をイメージさせることから祇園のきれいどころの信仰を集め今日では縁結びの神様として親しまれています。


           京都

千姫の墓
勢至堂と濡髪大明神の間の墓地にある一際大きな墓石は徳川家康の孫娘(2代将軍秀忠の娘)で豊臣秀頼の正室千姫のお墓。豊臣家滅亡後は姫路藩主本多忠刻と再婚しますが死別、その後江戸に戻り生涯を全うします。

浄土宗総本山の有名寺院だけに外国人観光客含めかなりの人ですが勢至堂まで来る人はほとんどいません。ただ眺めは京都市街が一望できお勧めです。




★当ブログのまとめサイトなどへの無断転載・使用は一切固く禁止しております。

にほんブログ村

当ブログを補完するFacebookページを始めました。よろしければご覧ください!
ぶらり歴史旅一期一会(fb版) 
関連記事

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

けん

Author:けん
戦国武将にまつわる史跡と味のある建築探訪をテーマに暇を見つけては各地を彷徨っている40代前半の会社員(オッサン)です。ノスタルジックなもの・ローカル色強いものを好む習性があります。 


※公序良俗に反していない限り基本リンクフリーですが、ブログ内全ての画像・記事の無断使用・転載はまとめサイト含め一切固くお断りさせていただいております。

月別アーカイブ

カテゴリ

にほんブログ村

にほんブログ村

タグリスト

最新記事一覧

三田城(兵庫県三田市) Aug 10, 2020
西福寺の清水五輪塔(兵庫県明石市) Aug 02, 2020
妙福寺(兵庫県丹波篠山市) Jul 17, 2020
小田垣商店(兵庫県丹波篠山市) Jul 05, 2020
河原町妻入商家群(兵庫県丹波篠山市) Jun 29, 2020

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR