FC2ブログ

Entries

旧法恩寺跡 飫肥藩主伊東家墓所(宮崎県日南市)

         飫肥

飫肥藩主伊東家の菩提寺であった旧報恩寺跡である五百祀神社をさらに奥へ進むと、そこに伊東家歴代の墓所があります。小村寿太郎や天正遣欧使節で有名な伊東マンショの母親町の上殿のものとされる墓もこの墓所内にあります。



      
         飫肥

案内板

         飫肥

         飫肥

伊東義祐の墓
伊東家を戦国大名化し一時は日向一国を治めるまでの隆盛を極めましたが島津に敗れ流浪の末に大阪堺で病没しています。息子で秀吉に仕えた祐兵の所領河内に埋葬されましたが、祐兵の飫肥復帰に伴い改葬されたものだそうです。奥に映っているお墓は藩主に殉じた家臣の墓です。

          飫肥

初代藩主伊東祐兵の墓(実墳)
従五位下豊後守 中央の一番低い墓が祐兵の墓になります。島津に敗れ伊東親子は縁戚である大友宗麟の下に逃れるも伊東救援を名目に遠征した耳川の戦いで大友方が惨敗を喫し、伊東親子は居辛くなったようです。そのため伊予へ渡り、そこで伊東家に出入りしていた山伏が姫路で知り合いとなった先祖を同じくとする秀吉の黄母衣衆伊東掃部助を通じて祐兵は秀吉に仕えます。そのため九州大名でありながら秀吉の天下獲りのきっかけとなった山崎の戦いにも参戦しており武功を挙げています。

その後、九州征伐で道案内役を兼ねた先鋒を務め旧領飫肥に大名復帰、関ヶ原の戦いでは大坂で病に臥せていましたが目配り怠りなく黒田如水を通して家康と通じ、また嫡男祐慶を密かに飫肥に送り西軍方高橋元種(関ヶ原の戦いで東軍に寝返る)の持ち城である宮崎城を攻め落とさせています。そして見届けるかのようにその年のうちに亡くなります。その祐兵の墓の右側の墓が祐慶の墓です。

         飫肥

奥から5代藩主祐実、12代祐丕、7代祐之。3人とも実墳です。

         
          飫肥

藩主の廟所域外には伊東家一門である左門家(祐兵の次男祐寿を祖とする)の墓所が広がっています。

 
            


★当ブログのまとめサイトなどへの無断転載・使用は一切固く禁止しております。

にほんブログ村

関連記事

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

けん

Author:けん
戦国武将にまつわる史跡と味のある建築探訪をテーマに暇を見つけては各地を彷徨っている40代前半の会社員(オッサン)です。ノスタルジックなもの・ローカル色強いものを好む習性があります。 


※公序良俗に反していない限り基本リンクフリーですが、ブログ内全ての画像・記事の無断使用・転載はまとめサイト含め一切固くお断りさせていただいております。

月別アーカイブ

カテゴリ

にほんブログ村

にほんブログ村

タグリスト

最新記事一覧

三田城(兵庫県三田市) Aug 10, 2020
西福寺の清水五輪塔(兵庫県明石市) Aug 02, 2020
妙福寺(兵庫県丹波篠山市) Jul 17, 2020
小田垣商店(兵庫県丹波篠山市) Jul 05, 2020
河原町妻入商家群(兵庫県丹波篠山市) Jun 29, 2020

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR