FC2ブログ

Entries

赤石の碑(兵庫県明石市)

          明石

古事記などにも記載されている明石の地名の由来のひとつとされているのが赤石伝説。赤石川の河口近くの浜の散歩道沿いには赤石の碑が建てられています。

“昔神出に住む(既婚の)男が小豆島に住む女性と恋に落ち鹿の背中に跨がり海を泳いで小豆島まで会いに行っていました。浮気をする夫に悲しみに明け暮れていた奥さんはある日夫が死ぬ夢を見て必死に行くのを止めますが、それを振り切り夫はいつものように鹿に跨がり小豆島を目指している途中丘から泳ぐ鹿を見つけた猟師がそれを射かけ鹿に命中、鹿と共に男も海に沈んでしまいました”

私が子供の頃に読んだ明石の昔話的な本には上述したような話が書かれていましたが、これは神出(神戸市西区神出町)にある雄岡山最明寺に伝わる話らしく明石藩の地誌『明石記』に収録されていることから昔話にも採用された可能性が高そうです。


これが明石は船上にある宝蔵寺(高山右近が船上城主時代一時教会に転用された寺)の寺伝などになると林崎に住むおささという雌鹿が小豆島にいる雄鹿に会いに引き潮になると出来る浅瀬を通っていたがある日帰る時に暴風雨となったため美しい女性に化けて漁船に乗せてもらうも正体が露見し漁師に殺された、または正体が露見し海に飛び込むも小豆島の浜に狂犬がいて陸に上がれず睨み合ったまま互いに力尽きたなど細かな部分は各資料の時代によって微妙に異なりますがこちらは主人公は人間ではなく鹿となっています。


          明石

主人公が人か鹿かは脇に置いておくとして、これらの話で共通しているのは鹿の血が赤石になったと言われる点。宝蔵寺の境内には雌鹿の松というおささの霊を鎮めるため植えられた松の木と歌碑がありますが(初代は戦災で枯れ現在の木は二代目)、鹿を殺して以降嵐となり祟りを怖れた漁師が仏に救いを求めるという仏教説話的なものを色濃く感じます。

          明石

伝説はともかく赤石自体は古くから知られており、羽柴秀吉が三木城を陥落させた後に見物に訪れた記録が残り海がきれいだった終戦直後ぐらいまでは海面から見えていたそうで近年も調査が行われ存在が確認されています


         明石

赤石の碑のある沖合いが赤石が沈んでいる場所でその更に沖合いが先程の赤石伝説に出てくる雌鹿おささが小豆島へ通う時に通っていた浅瀬、地元では“鹿の瀬”と呼ばれる全国屈指の漁場明石海峡でも古くから最高の漁場とされるこの海域も赤石伝説に深く関係した名前というわけです。




★当ブログのまとめサイトなどへの無断転載・使用は一切固く禁止しております。
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村    

当ブログを補完するFacebookページを始めました。よろしければご覧ください!
ぶらり歴史旅一期一会(fb版) 

関連記事

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

けん

Author:けん
戦国武将にまつわる史跡と味のある建築探訪をテーマに暇を見つけては各地を彷徨っている40代前半の会社員(オッサン)です。ノスタルジックなもの・ローカル色強いものを好む習性があります。 


※公序良俗に反していない限り基本リンクフリーですが、ブログ内全ての画像・記事の無断使用・転載はまとめサイト含め一切固くお断りさせていただいております。

月別アーカイブ

カテゴリ

にほんブログ村

にほんブログ村

タグリスト

最新記事一覧

三日月軒駅東支店(山形県酒田市) May 06, 2021
2020年夏山形+ちょこっと秋田の旅3日目 米沢 May 02, 2021
2020年夏山形+ちょこっと秋田の旅2-3 酒田市内を巡る Apr 25, 2021
2020年夏山形+ちょこっと秋田の旅2-2 象潟を歩く後編 Apr 18, 2021
2020年山形+ちょこっと秋田の旅2-1 象潟を歩く前編 Apr 14, 2021

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR