FC2ブログ

Entries

旧大徳寺と梅ヶ枝焼餅(長崎県長崎市)

長崎七不思議のひとつ「寺もないのに大徳寺」で有名?な旧大徳寺。幕府からの手厚い保護もあり江戸時代後期には全盛を迎えたそうですが、幕府の衰退と共に寺も衰退していき廃仏毀釈の影響を受けて明治元(1868)年に廃寺となり、大徳寺観音堂のあった跡地に楠正成を祀る大楠神社が建てられることとなります。

         長崎

         長崎

お寺のある時代ずっと見続けてきたのがこの大楠です。樹齢800年とのことなので寺が建つ前からこの地にて長崎の街を見てきたということになります。長崎県の天然記念物に指定されているだけあって本当に大きな木です。


         長崎


大楠神社の鳥居のある場所から大楠を見た景色です。


         長崎

この場所には今も焼餅屋さんが一軒営業されています。大徳寺菊水さんです。菊水と言えば楠正成の家紋ですね。昔は3軒の焼餅屋さんが営業していたそうで、明治以降の歴史背景もあって大楠神社を訪れる参拝客相手に商売した門前菓子屋さんが神社が移転した今でも一軒今も残っているということでしょう。こちらの焼餅は梅ヶ枝焼餅という名前で、一般に連想されるであろう太宰府のものよりかなり大振りな焼餅です。注文すると生地と餡をこねてまずはお団子のような形にして金型で焼いてプレスし平べったい焼餅となります。


         長崎

店の前にある小屋には竈が。ここで薪を使って餡を炊くという昔ながらの製法。全国探しても昔ながらの薪を使って餡を炊く和菓子屋さんは数軒になってしまいました。時代をタイムスリップしたような光景が今もここには残っています。

          長崎



           長崎

           長崎

長崎は坂の町であると同時にたくさんの猫たちと出会える街でもあります。この界隈出会った猫ちゃんたち




★当ブログのまとめサイトなどへの無断転載・使用は一切固く禁止しております。
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

関連記事

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

けん

Author:けん
戦国武将にまつわる史跡と味のある建築探訪をテーマに暇を見つけては各地を彷徨っている40代前半の会社員(オッサン)です。ノスタルジックなもの・ローカル色強いものを好む習性があります。 


※公序良俗に反していない限り基本リンクフリーですが、ブログ内全ての画像・記事の無断使用・転載はまとめサイト含め一切固くお断りさせていただいております。

月別アーカイブ

カテゴリ

にほんブログ村

にほんブログ村

タグリスト

最新記事一覧

三田城(兵庫県三田市) Aug 10, 2020
西福寺の清水五輪塔(兵庫県明石市) Aug 02, 2020
妙福寺(兵庫県丹波篠山市) Jul 17, 2020
小田垣商店(兵庫県丹波篠山市) Jul 05, 2020
河原町妻入商家群(兵庫県丹波篠山市) Jun 29, 2020

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR