FC2ブログ

Entries

澤蔵司稲荷と萬盛(東京都文京区)

         萬盛

         萬盛

澤蔵司稲荷は元和6(1620)年、傳通院中興廓山上人により傳通院山内慈眼院を別当寺としてその境内に祀られた事が始まりです。傳通院は家康の実母於大の方の菩提寺で、関東十八檀林の一つとして浄土宗の教学の根本道場と定められ、境内には多くの坊舎が有り多くの修行僧が集まってきていた寺です。

縁起によると元和4(1618)年4月、学寮主極山和尚の門を澤蔵司と名乗る一僧が浄土教の修学したいと訪ね入門、僅か3年余りで浄土教の奥義を修得し元和6年5月7日の夜に方丈廓山和尚と学寮長極山和尚の夢枕に立ち

「そもそも余は太田道潅公が千代田城内に勧請せる稲荷大明神なるが浄土の法味を受け多年の大望ここに達せり。
今より元の神に帰りて長く当山を守護して法澤の荷恩に報い長く有縁の衆生を救い、諸願必ず満足せしめん。速く一社を建立して稲荷大明神を祀るべし。」と残し暁の雲に隠れたと記されています。

         萬盛

稲荷の前の道路は椋の木に遠慮するかのように迂回して通っていますが、この椋の木こそが澤蔵司が宿っているとされるご神木で江戸時代の江戸市中のガイドブック『江戸名所図会』にも描かれ、この巨木周辺には茶屋も立っていたと伝わっています。戦災で上部が焼け危険なために幹の2/3ほどが伐採されており少し痛々しい形に。





         萬盛

さて傳通院の門前には複数の蕎麦屋が営業しており澤蔵司も修行中よく蕎麦を食べに行っていたといいます。澤蔵司が贔屓にしていた蕎麦屋は澤蔵司が現れた日には銭に必ず木の葉が混じるので怪しみ、ある晩に主は蕎麦を買った澤蔵司をつけて行くと、森の中に蕎麦を包んだ皮が散らばっていたそうです。

その澤蔵司が通った蕎麦屋が実は現在も営業しています。萬盛というお店で400年近い歴史を持つ東京では最も古い蕎麦屋ですが自社ビルで営業しているので一目見ても老舗とは気付かない店構え。江戸時代から現在まで毎日その日の初茹でのお蕎麦を朱塗りの箱に入れて澤蔵司稲荷へ奉納しています。

         萬盛

調理場前にはお稲荷さんを祀った神棚があります。この神棚には古川柳にも詠まれているように澤蔵司の大好物とされる天ぷらが供えられるんだそう。

         萬盛

これが奉納されているものとほぼ同じスタイルの稲荷箱蕎麦。ピンボケになってしまい申し訳ないです。甘辛く煮た刻み油揚げが乗っていますが、奉納しているものには油揚げは乗っていないそうです。こういう歴史にまつわる逸話があるから食文化って面白いんですよね。

           


★当ブログのまとめサイトなどへの無断転載・使用は一切固く禁止しております。
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

関連記事

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

けん

Author:けん
戦国武将にまつわる史跡と味のある建築探訪をテーマに暇を見つけては各地を彷徨っている40代前半の会社員(オッサン)です。ノスタルジックなもの・ローカル色強いものを好む習性があります。 


※公序良俗に反していない限り基本リンクフリーですが、ブログ内全ての画像・記事の無断使用・転載はまとめサイト含め一切固くお断りさせていただいております。

月別アーカイブ

カテゴリ

にほんブログ村

にほんブログ村

タグリスト

最新記事一覧

三田城(兵庫県三田市) Aug 10, 2020
西福寺の清水五輪塔(兵庫県明石市) Aug 02, 2020
妙福寺(兵庫県丹波篠山市) Jul 17, 2020
小田垣商店(兵庫県丹波篠山市) Jul 05, 2020
河原町妻入商家群(兵庫県丹波篠山市) Jun 29, 2020

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR