FC2ブログ

Entries

芦野城(栃木県那須町)

          芦野

          芦野

芦野城の築城時期には2つの説がありひとつは天文年間(1532~1555)に芦野資興によって築城された説、もうひとつは天正18(1590)年に芦野盛泰によって築城された説がありますが城の形状などから前説の方が有力のようです。

芦野氏も那須与一の流れを汲んでいる那須七騎のひとつで、吾妻鏡などにも記述があるので鎌倉時代にはすでにこの地の地頭であったことが分かります。資興は太田道灌の弟子で軍法などを彼から学び不敗を誇ったといわれる人物。この城も道灌から学んだ築城術で築かれたと伝わりますが疑問も多く真実のところは不明です。

秀吉の小田原北条攻めの際に芦野盛泰が小田原に参陣し本領安堵、盛泰は那須衆の先鋒を務め数々の活躍を見せた猛将ながら茶の湯などにも造詣が深く奥州仕置で芦野までやってきた秀吉のために茶室を建ててもてなしたことで知られます。関ヶ原の戦いでは伊王野城と同じく上杉領と国境を接しており芦野氏だけで最前線の居城に詰めたために相当の緊張があったと思われます(現実伊王野氏と上杉家の小峰城代芋川氏らの部隊間で関山の戦いが行われています)。

その功績が認められて江戸時代も3千石余りを領する旗本交代寄合(大名格を有する旗本)として芦野氏は明治時代へ至るまで続きます。それに伴い芦野城二の丸部分を陣屋としてそのまま利用しました。城は本丸・二の丸・三の丸から成り、現在は御殿山公園として整備されて桜ケ城の別名通り桜の名所として知られています。

          芦野

芦野陣屋裏門(那須町指定文化財)
交代寄合旗本は格式だけで実際参勤交代を行っていない家もあるのですが芦野家は参勤交代を行っており二の丸に芦野家の御殿と表門・裏門がありました。裏門は現存しており大塩家に移築されています。


              


★当ブログのまとめサイトなどへの無断転載・使用は一切固く禁止しております。

にほんブログ村

関連記事

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

けん

Author:けん
戦国武将にまつわる史跡と味のある建築探訪をテーマに暇を見つけては各地を彷徨っている40代前半の会社員(オッサン)です。ノスタルジックなもの・ローカル色強いものを好む習性があります。 


※公序良俗に反していない限り基本リンクフリーですが、ブログ内全ての画像・記事の無断使用・転載はまとめサイト含め一切固くお断りさせていただいております。

月別アーカイブ

カテゴリ

にほんブログ村

にほんブログ村

タグリスト

最新記事一覧

三田城(兵庫県三田市) Aug 10, 2020
西福寺の清水五輪塔(兵庫県明石市) Aug 02, 2020
妙福寺(兵庫県丹波篠山市) Jul 17, 2020
小田垣商店(兵庫県丹波篠山市) Jul 05, 2020
河原町妻入商家群(兵庫県丹波篠山市) Jun 29, 2020

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR