FC2ブログ

Entries

禅林寺(福井県福井市)

          福井

普済善救禅師がこの寺のある徳尾の白沢永幸の外護を受け応永12(1405)年に創建した曹洞宗の寺院で、江戸時代初期は結城秀康の実母長松院の加護を受けています。




         福井

現在住職は他の寺との兼務で事実上無住となっていますが裏山の墓所など含め掃除はしっかり行き届いています。
  
         福井

甘露泉
境内に湧いている名水。

         福井

禅林寺裏山墓所全景

        福井

本堂裏手の墓所には福井藩の重臣で太田道灌の玄孫である梶原美濃守政景と弟太田安房守資武兄弟の墓があります。

         福井

梶原政景の墓
従五位下美濃守 太田資正の次男で同じく関東の名家である梶原上野介の未亡人の養子となり梶原家当主となります。親北条であった異母兄氏資により父ともども岩付城から追放されると佐竹氏を頼り、一時北条氏に寝返った時期もありましたが小田氏治追討で抜群の功を挙げ、また家康や里見氏と連携するなど反北条の工作活動などにも活躍、その後も朝鮮出兵で渡海するなど佐竹氏家臣として数多くの功績を残し佐竹氏が関ヶ原の戦いで大幅に減封されると秋田まで従い久保田(秋田)城などの縄張りを担当しますが後に佐竹家を辞し2千石で結城秀康に仕えることとなり福井の地に足跡を残すこととなります。

地元の方に話を聞くと政景ではなく太田資武の重臣の墓という話も伝わっているそうです。ただ主君と同じサイズの墓を重臣とは言え家臣が横に建てるとは少し考えられないかなと思います。

          福井

太田資武の墓
安房守 太田資正の三男ですが嫡男氏資は父たちとは袂を分かち北条方に付き戦死し次兄政景は梶原氏を継いでいたので(岩付)太田氏の家督を継ぎます。佐竹氏に付き従い関ヶ原後秋田へ向かった兄とは違い関ヶ原の戦い前後にはすでに結城秀康に仕えており最終的には8千石近い大身の重臣となっています。

一昨年に行われた資武の墓の修復工事中に墓石内部から資武の遺骨が納められた骨壺が発見され比較的大きなニュースとなったのでご記憶ある方もおられるのではと思います。また墓参りに訪れていた地元の方によると墓石の向きは同じように見えて違う向きだそうです。


          福井

清原宣賢の墓(福井県指定史跡)
室町時代の公家で後奈良天皇の侍読を務めるなど当代一流の学者・文化人として知られますが晩年越前の戦国大名朝倉氏の城下町一乗谷で暮らします。


JR北鯖江駅から徒歩20分ほどの山麓沿いの集落内にありますが清原宣賢の墓の中に作ったミツバチの巣を狙って熊が出没し過去2度宣賢の墓の石扉を破壊していますので一応ご注意ください。またイノシシも比較的出るようで寺の山門入口など含め電流が流れる鉄線が張られており寺へ向かうには集落左手から本堂へ向かうことになります。


               

★当ブログのまとめサイトなどへの無断転載・使用は一切固く禁止しております。

にほんブログ村

当ブログを補完するFacebookページを始めました。よろしければご覧ください!
ぶらり歴史旅一期一会(fb版) 

関連記事

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

けん

Author:けん
戦国武将にまつわる史跡と味のある建築探訪をテーマに暇を見つけては各地を彷徨っている40代前半の会社員(オッサン)です。ノスタルジックなもの・ローカル色強いものを好む習性があります。 


※公序良俗に反していない限り基本リンクフリーですが、ブログ内全ての画像・記事の無断使用・転載はまとめサイト含め一切固くお断りさせていただいております。

月別アーカイブ

カテゴリ

twitter

にほんブログ村

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

トーハクねこシリーズ

にほんブログ村

タグリスト

最新記事一覧

知恩院(京都市東山区) Apr 20, 2019
永運院(京都市左京区) Apr 14, 2019
西翁院(京都市左京区) Apr 13, 2019
金戒光明寺(京都市左京区) Apr 09, 2019
真正極楽寺 斎藤利三・海北友松の墓(京都市左京区) Apr 07, 2019

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR