FC2ブログ

Entries

安国寺 蒲生秀行・荒木村重供養塔(熊本市西区)

        熊本

熊本市横手には過去記事にした禅定寺や妙永寺など肥後藩の重臣などの菩提寺がありますが安国寺も武家寺のひとつ。肥後国誌によれば加藤清正によって(実際は忠広の代に)弘真寺として創建されるも後に荒廃、加藤家改易後に小倉より細川家が入封の際に忠興に招かれ小倉の安国寺住職であった明巌梵徹も小倉より熊本に移り荒廃していた弘真寺に入り小倉時代と同じ安国寺に改め現在へいたっています。

           
           
           熊本

蒲生秀行の供養塔
本堂裏手の墓所内のかなり奥側に蒲生氏郷の嫡男で会津藩主であった秀行の供養塔があります。

           熊本

熊本と蒲生秀行とが一瞬結びつかないので調べると加藤忠広の正室は蒲生秀行の3女(崇法院)で、父の霊を弔うために建てたそうです。安国寺の元の名である弘真寺は秀行の戒名弘真寺殿覚山浄雲と同じであることから寺自体秀行を弔うために建てられたのでしょう。


         熊本

朽木家の墓
細川幽斎の兄三渕藤英の次男である三渕弥次郎が朽木種綱(朽木元綱の祖父)の養子となり朽木六兵衛昭貞を名乗ったのがこの家の始まりだそうです。藩主とも繋がり重役も務めた家だけにかなり立派で大きな五輪塔です。

         熊本


長束家の墓
長束正家の息子の一人長束半右衛門の妻が幽斎の孫娘という関係で召抱えられ田中姓を名乗っています。墓はそれほど古くないのでその後長束姓に復してのものかもと思い撮影してきました。


          熊本

荒木村重供養塔(写真右側)
細川家に仕えた村重の子孫が建てたもの。村重は信長に謀反を起こし有岡城に篭りますが秘かに細川忠興に一子善兵衛を託したとされています。


          熊本

沼田家墓所
細川幽斎の正室麝香の実家で長岡姓を与えられている一門5千石の重臣。本家・分家とも安国寺に墓があります。


          熊本

津田三十郎家墓所
織田信包の嫡男信重の三男長相の子孫。信重は父とは別に知行が与えられ伊勢林藩1万石の大名でしたが、父の遺領を巡って弟信則と争い改易されています。   

           

          
★当ブログのまとめサイトなどへの無断転載・使用は一切固く禁止しております。

にほんブログ村


関連記事

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

けん

Author:けん
戦国武将にまつわる史跡と味のある建築探訪をテーマに暇を見つけては各地を彷徨っている40代前半の会社員(オッサン)です。ノスタルジックなもの・ローカル色強いものを好む習性があります。 


※公序良俗に反していない限り基本リンクフリーですが、ブログ内全ての画像・記事の無断使用・転載はまとめサイト含め一切固くお断りさせていただいております。

月別アーカイブ

カテゴリ

にほんブログ村

にほんブログ村

タグリスト

最新記事一覧

三田城(兵庫県三田市) Aug 10, 2020
西福寺の清水五輪塔(兵庫県明石市) Aug 02, 2020
妙福寺(兵庫県丹波篠山市) Jul 17, 2020
小田垣商店(兵庫県丹波篠山市) Jul 05, 2020
河原町妻入商家群(兵庫県丹波篠山市) Jun 29, 2020

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR