FC2ブログ

Entries

眞淨寺 志水伯耆守元五の墓(熊本市中央区)

          熊本


慶長5(1600)年、関ヶ原の戦い後に小倉へ転封となった細川忠興が以前より親交のあった京都真教寺の大法院日周上人に小倉へ同行を依頼するも高齢を理由に辞退、弟子の真浄院日證上人を推挙し忠興も了承、小倉で創建したのが始まりの日蓮宗の寺院です。


              熊本

志水伯耆守元五の墓
父親は細川藤孝(幽斎)に若くより仕えた青龍寺以来の古参重臣である伯耆守清久(宗加入道)で、親子ともども幽斎の次男興元付となったようですが故あって出奔(忠興と喧嘩し出奔という話も)、その後加藤清正に仕え日下部与助と名乗っていました。関ヶ原の戦いの九州版である石垣原の戦いでは清正に願い出て細川家の飛び地領杵築にいる松井康之らに加勢するため先鋒として出陣、戦後忠興が元五の帰参を清正に要請し細川家へ帰参し、加藤家改易後は浪人となった元同僚たちの細川家仕官の世話をしたりしています。宮本武蔵関連で登場する志水伯耆という人物は彼のことです。

              
              熊本

蒲生和久の墓
ひとつ挟んで左側の五輪塔は元五の正室和久のもの。彼女の父親は蒲生氏郷の筆頭家老であった四郎兵衛郷安だと伝わります。郷安は氏郷死後に蒲生家を追放され清正に仕えていたとも、キリシタンだったために清正経由で小西行長に仕えていたとも言われますが三成に恩義があったために関ヶ原の戦いでは西軍側の動きを見せ、宇土城落城時に戦死したとも切腹したとも伝わります。元五と和久が結婚したのはそれ以降のようです。


          熊本

境内にいたにゃんこ。首に鈴を付けているのでお寺か御近所で飼われている子だと思いますがニャーニャーと返事は逐一してくれるものの私との距離はしっかり保っていました。岩合さんのようには中々なれないものですね。

【住所】
熊本市中央区坪井1-3-12

              
大きな地図で見る

★当ブログのまとめサイトなどへの無断転載・使用は一切固く禁止しております。

にほんブログ村

当ブログを補完するFacebookページを始めました。よろしければご覧ください!
ぶらり歴史旅一期一会(fb版) 


関連記事

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

けん

Author:けん
戦国武将にまつわる史跡と味のある建築探訪をテーマに暇を見つけては各地を彷徨っている40代前半の会社員(オッサン)です。ノスタルジックなもの・ローカル色強いものを好む習性があります。 


※公序良俗に反していない限り基本リンクフリーですが、ブログ内全ての画像・記事の無断使用・転載はまとめサイト含め一切固くお断りさせていただいております。

月別アーカイブ

カテゴリ

にほんブログ村

にほんブログ村

タグリスト

最新記事一覧

三田城(兵庫県三田市) Aug 10, 2020
西福寺の清水五輪塔(兵庫県明石市) Aug 02, 2020
妙福寺(兵庫県丹波篠山市) Jul 17, 2020
小田垣商店(兵庫県丹波篠山市) Jul 05, 2020
河原町妻入商家群(兵庫県丹波篠山市) Jun 29, 2020

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR