FC2ブログ

Entries

光明寺 光源氏月見の池(兵庫県明石市)

          明石

         明石

明石駅の南側旧山陽道(西国街道)沿いにある光明寺は真宗大谷派のお寺。このお寺のすぐ近くにも光明寺(浄土宗)があるのでこちらは元の名前であった朝顔庵から朝顔光明寺、浄土宗光明寺は浜光明寺と呼ばれています。

元々は間嶋氏の福中城下(神戸市西区)にあったとも大蔵にあったとも言われますが、元和5(1619)年に藩主小笠原忠真が現在の明石城下町を整備した時に現在地へ移ってきています。

明石は源氏物語の舞台のひとつでこの寺の境内に光源氏が月見をしたと伝わる池があるのですが、ここ数年は水が抜かれご覧の状態です。2年ほど前に行った時は掃除か何かで水を抜いているんだろうと思っていたのですが、昨年秋に訪れた時も抜かれたまま。何か理由があるんでしょうが、少し興醒めなのは否めません。


              明石

以前の水が満たされた光源氏月見の池。小さな池ですが昔はこの10倍近い大きさの池であったと伝わります。寺伝によれば光源氏は『秋風に波やこすらむ夜もすがら あかしの浦の月のあさがほ』と詠み、戦前までは本堂軒にこの歌を刻んだ額が掲げられていたそうですが今はありません。

本堂は昭和45年に建てられたもので本堂内陣の格子天井絵は明石出身の狩野派の画家岡田東虎によるものだそうです。私の亡き祖母の実家の菩提寺なので子供の頃はよく墓参りに来ましたが、残念ながらこの天井絵は見た事ありません(子供の頃は寺は退屈なもんですし)

           

★当ブログのまとめサイトなどへの無断転載・使用は一切固く禁止しております。
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

関連記事

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

けん

Author:けん
戦国武将にまつわる史跡と味のある建築探訪をテーマに暇を見つけては各地を彷徨っている40代前半の会社員(オッサン)です。ノスタルジックなもの・ローカル色強いものを好む習性があります。 


※公序良俗に反していない限り基本リンクフリーですが、ブログ内全ての画像・記事の無断使用・転載はまとめサイト含め一切固くお断りさせていただいております。

月別アーカイブ

カテゴリ

にほんブログ村

にほんブログ村

タグリスト

最新記事一覧

三田城(兵庫県三田市) Aug 10, 2020
西福寺の清水五輪塔(兵庫県明石市) Aug 02, 2020
妙福寺(兵庫県丹波篠山市) Jul 17, 2020
小田垣商店(兵庫県丹波篠山市) Jul 05, 2020
河原町妻入商家群(兵庫県丹波篠山市) Jun 29, 2020

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR